ホワイトデーにお返し!意味や由来に関する裏話

ホワイトデーはチョコのお返しを、
男性が選ぼうと頭を悩ませる時期。

 

「お返しは〇〇倍で」☆-( ^-゚)v

 

なんていう悪女に腹を立てながらも、
やっぱりお返しに頭を悩ませるのは、
漢のサガ(-_☆)

 

ところで、男性の頭を悩ませる、
ホワイトデーって本来はどんな意味なんだろう?

 

そしてお返しのクッキーとかには、
どんな意味があるんだろう?

 

今回の萌え猫リサーチは、
ホワイトデーのお返しと意味について。

 

この記事で禿げるまで、
悩まずに済みますように(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

 

ホワイトデーの由来は?

shock

ホワイトデーには、
正当な由来はなく、
お菓子メーカーの策略。

 

このため、
3月14日に渡されるのは、
お菓子が多いんだ。

 

この辺りはバレンタインデーと同じだね。

 

当然、チョコを贈る習慣と同様に、
ホワイトデーのお返しも日本独自の習慣

 

で、いつから始まったかというと、
1980年から始まったんだ。

 

1980年に全国飴菓子工業共同組合が、
をチョコのお返しにキャンデー贈る日と、
3月14日を定めたのが全国的な始まり。

 

他にも説があって、
福岡市の老舗和菓子屋さん(石村萬盛堂)から、
ホワイトデーが始まったという説がある。

 

コチラの説だとバレンタインデーのお返しに、
マシュマロを~~という感じとのこと。

 

なんで和菓子屋さんが、
和菓子ではなくマシュマロなのか、
いまいち疑問だけど…( ̄Д ̄;;

 

それぞれの歴史を見ると、
どうやら和菓子屋さんが先に始めたみたい。

 

そして全国飴菓子工業協同組合が、
和菓子屋さんのアイデアに目を付けて、
全国に広めたともいわれている。

 

ホワイトデーの始まり
  • 1970年代:バレンタインデーを日本に広める
     〇お菓子メーカーが率先して…
  • 1977年:老舗和菓子店がマシュマロのお返しを提案
     〇提案したのは石村萬盛堂
     〇この頃はマシュマロデーと呼ばれていた
     〇この頃から他のお菓子メーカーもホワイトデーに目を付ける
  • 1980年:全国飴菓子工業協同組合により全国に広められる
     〇当時は3月14日をキャンデーの日として宣伝した
     〇この年に【第1回 愛にこたえるホワイトデーキャンペーン】実施

 

スポンサードリンク

何故お菓子メーカーの策略が広がったのか?

bubble-19329_640

ここで疑問になるのが、
なぜお菓子メーカーの策略が、
簡単に日本に広まったのかということ。

 

 

これには日本人にとって、
贈り物に対してお返しをする習慣が、
深くかかわっている。

 

 

バレンタインデーができた頃には、
チョコを受け取っても男性は、
お返しをする機会がなかった。

 

 

だから心苦しさを感じていたんだ。

 

 

で、そんな弱みに付け込んだのが、
お菓子メーカーのホワイトデー

 

 

その結果、見事にお菓子メーカーは、
バレンタインデーと並ぶ、
収入アップのイベントを作れた…と。

 

ホワイトデーのお返し

ホワイトデーのお返しには、
色々な意味があるって言われている。

 

まあ大半は都市伝説程度のものだけど、
代表的なお返しの意味をまとめてみるよ。

 

代表的なのは以下の感じだね。

 

代表的な都市伝説
  • キャンデーかクッキー
     〇好きやお友達でいよう
  • マシュマロ
     〇嫌いやお友達でいよう

 

意味については地域や時代でかなり違うから、
文字通りただの迷信と考えてよさそう。

 

そもそもホワイトデーやバレンタインデーで、
お菓子を渡すのはお菓子会社の陰謀だから、
神聖な意味なんて存在するはずがないけど(;´▽`A“

 

でもホワイトデーやバレンタインデーは、
始まりがお菓子会社の陰謀だったとしても、
自分の想いを伝えるキッカケになる日

 

特別な想いを伝えたい人がいるのなら、
ありがたい日かもしれないね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ