カビが原因の咳!夏風邪だと勘違いしたら肺炎に

 カビが原因の咳は、
カビが増殖しやすい夏に多くなる。

 

そんなカビが原因の咳は、
夏風邪と勘違いされて、
放置されることも多い。

 

その結果…肺炎に

 

今回のリサーチは、
カビが原因の咳について。

 

夏風邪だと油断せずいこうZE(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

カビが起こす健康問題

カビは人間の生活できる空間なら、
どこにでも発生する厄介者。

 

そんなカビは、
とても小さく気管に簡単に入り込み、
気管支炎などの原因にもなる。

 

カビによる健康への悪影響は、
大きく分けて2種類ある。

 

カビの健康被害の種類
  • カビそのものによる感染症
     ○免疫機能が低下した人が影響を受けやすい
     ○感染症の例
      →水虫(皮膚真菌症)
      →食道炎
      →胃腸炎
      →髄膜炎
  • カビが原因のアレルギー反応
     ○アトピー
     ○喘息(ぜんそく)
     ○アレルギー性鼻炎
     ○アレルギー性気管支肺アスペルギルス症

 

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症は、
名前がすごく長い…( ̄Д ̄;;

 

これは食べ物や植物を腐敗させる、
身近なカビが原因。

 isya

 

カビの名前は、
アスペルギルス

 

気管支喘息と似た症状が出る。

 

喘息と勘違いされて、
見逃されることも多い。

 

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症
  • 気管支喘息と似た症状
  • 湿った咳が特徴
  • 息切れ
  • 微熱
  • 呼吸困難になることも

 

気管支喘息

アレルギー性気管支肺アスペルギルス症は、
アレルギー反応

 

カビによるアレルギー反応で、
最も有名なのが気管支喘息

 

気管支喘息は、
カビに対してアレルギー反応が出て、
気管支が狭くなり呼吸が難しくなる。

 

この結果、
呼吸が 大変になり症状が出るんだ。

 

カビが原因の肺炎

カビのアレルギー反応が原因で、
肺炎になることもある。

 

特にカビの肺炎で多いのが、
トリコスポロンというカビによる肺炎。

 

トリコスポロンによる肺炎
  • トリコスポロンを吸いこむのが原因
     ○アレルギー反応が肺で起こり炎症を起こす
  • 古い木造の家でトリコスポロンは増殖する
     ○特に湿気が多く日当たりが悪い家で増殖
  • かかる人の傾向
     ○西日本に多い
     ○女性に多い
     ○特に30歳代~40歳代に多い

 

トリコスポロンによる肺炎意外にも、
カビが原因となる肺炎は多い。

 

スポンサードリンク

夏型過敏性肺炎

特に夏の時期に多いのが、
夏型過敏性肺炎。

 

症状は…
  • 微熱
  • 咳(カラ咳)
  • 痰のある咳
  • 毎年、夏になると症状が出る
  • 特定の場所に行くと症状が強く出る

 

夏型過敏性肺炎の症状は、
夏風邪と勘違いしやすい。

 haeundae-beach-229490_640

だから夏風邪だと思って油断して、
症状が悪化することもある。

 

夏型過敏性肺炎で注意したいのが、
原因のカビの胞子を吸って、
免疫が出来た人に起こる点。

 

夏型過敏性肺炎には、
2段階の症状がある。

 

夏型過敏性肺炎
  • 1段階目:急性型
     ○風邪の症状だけで終わる
  • 2段階目:慢性型
     ○肺に重大な障害を与える

 

2段階目の慢性型になると、
原因のカビから遠ざかっても、
症状が回復しなくなる。

 

この結果、いつもアレルギー反応が、
出るようになって…

 

肺に機能障害が出始める。

 

数年以内に悪化して、
呼吸不全などにもつながるんだ。

 

夏型過敏性肺炎の発症

夏型過敏性肺炎は、
大量のカビを吸ってから、
4~6時間の間に症状が出る。

 

症状と時期から、
夏風邪と勘違いされやすいから、
注意しようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ