マタニティブルーと産後のうつ!危険な違いとは?

マタニティブルーと産後のうつは、
赤ちゃんの誕生というお目出度い出来事の後で、
お母さんにやってくる試練。

 

マタニティブルーと産後のうつには、
大きな違いもあるんだ。

 

今回のリサーチは、
マタニティブルーと産後のうつの違い

スポンサードリンク

マタニティブルーと産後のうつの違い

マタニティブルーと産後のうつの違いを、
これからまとめていくよ。

 

まずはマタニティブルーについて。

 

マタニティブルーの特徴
  • 特徴
     ○出産後2~3日後に起こりやすい
     ○月経前に精神不安定になった人に起こりやすい
     ○日本人の25%~50%の人に起こる
  • 治療
     ○治療対象ではない
      →病気の一種ではなく生理現象とされるため
     ○1週間程度で自然に回復する
  • 原因
     ○女性ホルモンの急激な変化
  • 症状
     ○気分が変わりやすくなる
     ○泣きやすくなる
     ○不安感が強くなる
     ○焦りが出やすくなる

 

次は産後うつ病について。

 

マタニティブルーが自然に治るのに対して、
産後のうつ病の回復には時間がかかる

 

更に自殺者も出ているので、
注意が必要でもある。

 

産後うつ病の特徴
  • 特徴
     ○一般的なうつ病と症状が似ている
     ○分娩後2週間目~3ヶ月目に出ることが多い
     ○出来れば6ヶ月後まで注意したい
     ○2週間経っても回復しない
     ○日本人の約10%の人がかかる
  • 治療
     ○軽度~中度のうつ症状の場合が多い
     ○精神科などを必要としない場合も多い
     ○ただし無理せず必要なら医師に相談
  • 症状
     ○考えがまとまらない
     ○集中力が欠落する
     ○ヤル気が出ない
     ○自分を責める傾向が出る
     ○焦ることが増える
     ○イライラすることが増える
     ○出産前の趣味に関心が無くなる
     ○疲れが出やすくなる
     ○食欲不振になる
     ○過食になる
     ○不眠になる
     ○過眠になる

 

マタニティーブルーは自然に回復

model-197065_640

マタニティーブルーは、
マタニティーブルーズともいわれる。

 

マタニティーブルーは、
産後2~3日ぐらいに現れる。

 

5日目ぐらいが最も辛く、
10日目に入れば回復している。

 

胎盤から分泌される、
女性ホルモンが減少することが、
原因とされている。

 

短期間で症状が治まるので、
無理にポジティブになることもない。

 

悩みは人に話すと楽になるというけど、
出産した医師や助産婦さんに相談すると、
気持ちが楽になるよ。

 

あと赤ちゃんの世話などで、
不眠などで消耗していると、
気持ちも沈みがちになる。

 

消耗しているのなら可能な場合、
夜間は赤ちゃんを預かってもらうのも手。

スポンサードリンク

産後うつについて

woman-244179_640

産後うつに関しては、
産後2週間目~3ヶ月目で、
出やすい。

 

無関心や罪悪感など、
心に変化が出たら、
注意が必要。

 

もし二週間経っても回復しないのなら、
産後うつになった可能性があるんだ。

 

マタニティーブルーは生理現象なのに対し、
産後うつは病気とされる。

 

多くは軽度~中程度の、
うつ症状のため絶対に精神科などが、
必要というわけではない。

 

でも通常のうつ病と同じで無理は禁物。

 

辛い場合は無理をせずに、
お医者さんに相談しよう。

 

仮に相談した場合には、
治療
では薬の処方やカウンセリングを行う。

 

更に産後うつは再発の可能性もあるから、
長い目で見たフォローが必要になるんだ。

 

何科に相談すればいいかわからない場合は、
出産した病院の医師に相談するのがいいよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ