マラリアとデング熱を運ぶ蚊の恐怖!症状と予防方法は?

 マラリアとデング熱は、
ニュースで耳にした人も多いかもね。

 

マラリアは日本国内で発症しても、
日本には薬がほとんど無い

 

デング熱に関しては薬が研究段階

 

だから自然に治まるのを、
待つしか無いんだ。

 

そんな怖いマラリアとデング熱が、
今回のリサーチ対象。

 

日本よりも暑い地域に行くのなら、
参考にしてね。

スポンサードリンク

 

蚊が媒体となる病気

plane-188770_640

人気のリゾート地である、
セブ島やフィリピンは、
熱帯地域にある。

 

このため感染症を媒介する、
虫も多く生息している。

 

特に水場が近いセブ島なんかは、
蚊が物凄く多いんだ。

 

そんな虫達が運ぶ病気の中に、
有効なワクチンが存在しない物がある。

 

それがマラリアとデング熱。

 

マラリアとは?

048

まずはマラリアについて、
まとめていくよ。

  

蚊が媒体となる病気として、
日本でも有名だよね。

 

そんなマラリアは、
マラリア原虫が原因なんだ。

 

マラリアの原因

まずはマラリアの原因と、
確定診断の方法についてまとめるよ。

 

マラリアの原因は、
マラリア原虫

 

マラリアは4種類存在する。

 

そして感染したマラリア原虫により、
発作が起こる周期も違うんだ。

 

マラリアの原因
  • マラリア原虫
     ○蚊に刺され感染する
     ○見つけるのが難しい
     ○4種類存在する
     ○長期的に感染することもある
  • 取り憑く場所
     ○肝臓
     ○赤血球系
     ○脾臓
     ○など

 

 マラリアの確定診断には、
マラリア原虫の発見が不可欠。

 

でも血液標本を丁寧に調べて、
赤血球中から見つけないといけない。

 

だから大変な作業になるんだ。

 

マラリアの症状

次はマラリアの症状について。

 

4種類あるマラリアの中でも、
熱帯熱マラリアに感染すると、
死亡することもあるから注意。

 

マラリアの症状
  • 感染したマラリア原虫による違いがある
     ○発作が起こる周期などが違う
  • 複数のマラリアに感染する場合もある
  • 潜伏期間は数週間
  • 4種類のマラリア原虫に共通する症状
     ○肝障害
     ○発熱と解熱を繰り返す
  • 慢性化した場合
     ○病的な痩せ方をする
       →肝障害と免疫反応による脂肪細胞の破壊により

 

マラリアの治療

日本国内で発病したら、
診断した病院と治療経験のある施設が、
相談しながら治療にあたる。

 

そんなマラリアは免疫が、
一定期間働くことで解熱をする。

 

ただし解熱しても、
マラリアは発熱と解熱を繰り返すので、
注意を怠るわけにはいかない。

 

そんなマラリアの、
大きな問題が治療薬にある。

 

マラリアの治療薬
  • マラリアには良い治療薬が存在する
     ○しかし日本には治療薬が流通していない
       →日本国内にはマラリアが存在しないため
  • 日本国内ではマラリアの治療薬は希少
     ○常備している医療機関は限定される
  • 特効薬には強い副作用がある
     ○過去には予防薬一錠で失明した例もある

 

 マラリアの予防

 マラリアは罹ると厄介な病気だよね。

 

だからマラリアの予防を、
しておきたいよね。

 

治療薬の一部は、
予防薬にもなるんだけど…

 

副作用の問題もあり、
短期間の旅行なら摂取は、
オススメされていない。

 

デング熱は後半にて!

…デング熱とは?感染後の免疫が死亡率を上げる?

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ