中性脂肪とは?低いor高い どちらも危険な横腹の友

中性脂肪というのは、
メタボリックシンドロームか、
判断する基準の一つ。

 

会社なんかの健康診断で、
中性脂肪への指摘を経験した人も多いはず。

 

「おいおい、オレに中性脂肪?
馬鹿言っちゃいけないぜbaby」

 

と否定しながらも、
横腹をつかめることに気づき、
冷や汗を流す人もいるかも…(;´▽`A“

 

今回のリサーチしたは、
中性脂肪の正体とは何か?

 

 

my魅惑の横腹を見よ(ノ´▽`)ノ
(プニっとした癒しをご提供)

スポンサードリンク

中性脂肪って な~に?

中性脂肪というのは、
トリグリセリドという脂肪のこと。

 

お腹周りのプヨプヨした贅肉は、
ほとんどが中性脂肪。

shock

 

素材となっているのは、
糖や炭水化物

 

中性脂肪は、
多すぎても問題だけど、
少なすぎても問題が起こる。

 

中性脂肪が多すぎると

中性脂肪が多すぎると、
悪玉コレステロールが血管に付着する。

 

そして高脂血症や動脈硬化の、
原因となったり血液がドロドロしたりする。

 

「まさしくメタボの原因そのもの」

 

と、いえる存在。

 

中性脂肪が必要な理由

中性脂肪というと、
悪いイメージが世の中で先行している。

 

「中性脂肪0を目指す!!」

 

こんな声を上げる人もいるかもしれない。

 

でも中性脂肪が0になると、
健康上良くないんだ。

 

中性脂肪の役割
  • 体を動かすエネルギー源となる
     ○血液にある糖分が無くなた時の代わりのエネルギー
     ○人間の体は糖分が基本的なエネルギー
  • 断熱材の役割
     ○体温を一定に保つのに必要
  • 内臓を守る
     ○外部の衝撃などからクッションとなり内臓を守る

 

 

メタボリックシンドローム

isya

中性脂肪は、
メタボリックシンドロームの、
診断基準の一つ

 

中性脂肪は多くても、
自覚症状がない。

 

だから健康診断を受けて、
中性脂肪の高さに驚く人も多い。

 

精神的ダメージも

私の知人は、
中性脂肪が多いと診断されて…

 

「歳をとったな…」

とつぶやいていた。

 

中性脂肪が多いことは、
精神的ダメージも高いみたい。。

 

でも中性脂肪の値が、
よほど酷い状態でなければ、
運動で下げることも可能。

 

スポンサードリンク

中性脂肪を減らすには

中性脂肪を減らす場合には、
医師と相談しながら、
減らしていくのが安全。

 

異常に高い中性脂肪の値なら、
投薬などを行う場合もある。

 

でも多くの場合は日常生活を正したり、
運動を始めて対処する。

 

日常で見直すことのは、
食事、運動不足、飲酒であることが多い。

 

まとめ

今回は中性脂肪について、
知っておきたい基礎情報をまとめた。

 

中性脂肪は世間では、
悪者扱いだけど無いと困る存在。

 

だから減らす場合は、
出来ることなら医師と相談しながら、
運動とかを進めたいんだ。

 

でも自発的に中性脂肪対策として、
運動とかをするのなら、
医師と相談しない場合も多いと思う。

 

次回は中性脂肪を減らすための、
ウォーキングについてまとめるよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ