飛蚊症 治療効果の嘘!食事や薬は嘘八百八町

飛蚊症は、うっとうしく、
ノイローゼになる人がいるほど。

 

患った人にとっては、
大きな悩みの種だよね。

 

でもネットとかを見ると、
色々な誤情報が行き交っている。

 

今回の萌え猫リサーチは、
飛蚊症治療の嘘!

 

貴重な時間を、
嘘で費やさないようにしよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

 

飛蚊症の原因は?

me

飛蚊症の原因は、
硝子体の濁り。

 

だから飛蚊症の治療には、
硝子体の濁りを、
改善する必要がある。

 

硝子体の濁りを改善方法
  • 化学的に溶かす
  • 物理的な除去

 

この二種類が硝子体の濁りを、
改善する方法なんだけど難しいんだ。

 

体験談の勘違い

よく言われる、
●●で飛蚊症が改善したという、
いわゆる体験談

 

この多くが勘違いから来ている。

 

目薬や薬で飛蚊症が改善したというのは、
それらと関係なく自然治癒したという場合が、
ほとんどなんだ。

 

実は飛蚊症の原因である、
硝子体の濁りは自然に溶けることがある。

 

他にも目立たない所に、
濁りが移動することなどもあるんだ。

 

こんな自然治癒によって起こった改善を、
勘違いしている場合がほとんどだから注意しよう。

 

目薬や内服液が使えない理由。

me2

目薬や内服液では、
硝子体の濁りを除去するのが、
難しい理由があるんだ。

 

その理由について、
ココでは解説するよ。

 

まずは硝子体の組織について、
知っておこう。

 

硝子体の組織について

硝子体の組織は、
コラーゲンやヒアルロン酸で、
出来ているんだ。

 

硝子体の場合は、
特にコラーゲンが主体になっている。

 

そしてコラーゲン等は、
体中に存在している。

 

目薬や内服液での治療が難しい理由

飛蚊症の原因である、
硝子体の濁り

 

この濁りを除去するには、
化学的に溶かすか、
物理的に取り除くかのどちらか!

 

このように書いたよね。

 

で、物理的に取り除くのは、
手術のようなことをするから、
目薬などは化学的に溶かす方法となる。

 

ここで思い出して欲しいのは、
硝子体を構成するコラーゲン等は、
体中に存在していること。

 

そして硝子体の濁りを作っているのも、
コラーゲンなんだ。

 

だから目薬や内服液で溶かす場合は、
硝子体の濁り以外のコラーゲンなども、
溶かすことになってしまう。

 

だから硝子体そのものや、
網膜などもボロボロになる。

スポンサードリンク

 

硝子体の濁りを溶かす目薬の場合

ここからは、先程よりも具体的に、
各治療法法が難しい理由をまとめていくよ。

 

仮に目薬で濁りを除去しようとした場合、
硝子体内にまで成分が届かない

 

硝子体に届くほどの濃度を使うと、
とんでもなく濃い目薬を使うことに…

 

コラーゲンを溶かす成分が、
大量に入った目薬では、
目の周りも網膜もボロボロになってしまう。

 

濁りを溶かすサプリメントや内服薬

よくルテインなんかで、
飛蚊症に有効とかいう情報がある。

 

でも、効果は証明されていないんだ。

 

で、話を内服液などで、
濁りを溶かす場合に戻すけど…

 

内服液などであれば、
口から接種することになるよね。

 

だから胃や血管などのコラーゲンを、
色々と溶かすことになる。

 

硝子体に届く量となると、
一体どれだけの量を飲むことになるか…

 

かなり危ない薬になることは、
間違いないだろうね。

 

直接目に入れた場合

目の手術方法は凄いスピードで進化し、
一昔前では信じられないような、
手術方法も開発されている。

 

だから硝子体の濁りを溶かす薬品を、
直接注入する手術方法はないの?

 

このように考えるかもしれない。

 

直接、注入した場合は、
少しでも薬品がそれれば、
目の他の部分を溶かすから危険。

 

だからオススメ出来る方法とはいえない。

 

生活習慣や食事での改善

食事や生活習慣を、
変えることで飛蚊症が改善した。

 

このような体験談もあるよね。

 

でも飛蚊症の改善方法は、
最初に述べたように以下の2種類のみ。

 

化学的に硝子体の濁りが溶けるか、
物理的に硝子体の濁りを取り除くか?

 

生活習慣や食事による改善であれば、
手術じゃないから濁りを溶かす方法となるけど…

 

食事の成分で、
硝子体の濁りが溶けるとは、
考えにくいとされている。

 

生活習慣の変化でも、
体内で化学的な変化が起きない限り、
硝子体の濁りはとれないとされる。

 

おわりに

希望を持って探されていた方は、
ガッカリされたかもしれない。

 

ただ先に書いたように、
自然に硝子体の濁りが溶ける場合もある。

 

溶けたという結果があるのだから、
溶かす方法が存在するということ。

 

だから希望がないわけじゃないんだ。

 

お医者さんのアドバイスに従いながら、
今は医学の発展をまとう。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

2 Responses to “飛蚊症 治療効果の嘘!食事や薬は嘘八百八町”

  1. 平林 より:

    最近はレーザー治療も行われています。
    私も近々相談会に出席するつもりです。
    まだ23才ですが、両目ともに黒いアメーバが数匹うようよしてるので心配ですが、レーザー治療は従来の治療に比べてリスクが小さいようです。

    • 萌え猫マニアック'S より:

      平林さん。
      貴重な情報をありがとうございました。
      参考にさせていただきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ