ほうれい線の消し方!老け顔の原因解消にはコレだ

 ほうれい線を消すには、
何をすればいいのか?

 

そんな内容で世の中には、
色々な本なんかが出ているよね。

 

今回のリサーチでは、
ほうれい線の消し方をまとめた。

 

ほうれい線の消し方の基本を、
しっかりと知っておいて対策をしよう。

 

 

あっホ~レ、ホ~レ(ノ´▽`)ノ

スポンサードリンク

ほうれい線とは?

ほうれい線というのは、
小鼻から口角にできるシワのこと。

 

八の字のシワで、
30代を過ぎた頃から気になり始める。

 

そんな、ほうれい線を放っておくと、
深くなって老けた印象になる!!

 

ほうれい線の種類
  • シワ状の線のほうれい線
  • へこんだ状態のほうれい線

 

ほうれい線ができる原因

model-197065_640

ほうれい線は、
どんな原因で出来るのか?

 

とりあえずは、
ここで挙げた物には、
気をつけたいところ。

 

代表的な例をあげると、
以下のようになるよ。

 

ほうれい線の原因
  • 頬の筋肉が垂れる
     ○鼻下から口元にかけてクッキリとしたシワが出来る
     ○筋肉を支えきれなくなる
  • 頬の脂肪が垂れる
     ○クッキリとしたほうれい線になる
     ○筋力の低下の影響が大きい
     ○日頃から顔の表情が乏しい人に多い
  • 紫外線
     ○肌のハリや弾力が失われる
     ○シワが出来やすくなる
     ○肌の弾力低下で重力の影響受けやすくなる
      →筋肉や脂肪が重力にひっぱられる
  • 肌の乾燥
     ○保湿により対処は行いやすい
     ○乾燥肌は肌の色々なトラブルの原因になる
     ○保湿に気をつけることでかなり回復できる。
  • 目の疲れ
     ○目の疲れは目周辺の筋肉を緊張させる
      →目の筋肉~口の筋肉をつなぐ上唇挙筋が固くなる
     ○ほうれい線の原因になる
  • 喫煙
     ○肌のハリに必要なビタミンCが壊れる
  • ストレス
     ○活性酸素が体内で生まれやすくなる
     ○老化やシワの原因にもなる
  • 食生活
     ○脂分の過剰摂取で過酸化脂質が出来る
      →体を酸化させる原因となる

 

スポンサードリンク

ほうれい線対策

肌の弾力を取り戻せれば、
皮膚が重力にひかれなくなり、
ほうれい線は消えていく。

 

だから弾力を取り戻すことが大切。

 

弾力を取り戻すコツ
  • 水分補給
     ○頬のたるんでいる部分に
      →水分をたくさん与えてからクリームで保湿
  • 水分補給の作業は
     ○時間をかけた重ね付けを基本にする
     ○手のひらでお手入れする
     ○※摩擦で肌を傷めないように注意する
  • 使う化粧水
     ○1ヶ月に1本を使いきる気持ちで使う
     ○有効な成分が配合されたものを選ぶ
      →コラーゲン、ヒアルロン酸、プラセンタなど
  • 気になるほうれい線には
     ○指先につけた化粧水を押し込む感じでお手入れ
  • 水分補給後
     ○乳液やクリームを使って潤いのヴェールを
     ○週に2~3回の割合で頬に保湿マスクをする

 

 

日頃の注意点というか、
ほうれい線を悪化させない対策も必要。

 

日頃の注意点
  • 紫外線を防ぐ
     ○家にいるときでもUVクリームを使う
     ○UVクリームはUV-Aを防ぐものを選ぶ
     ○UV-Aは直接コラーゲンなどを破壊するから危険
  • 表情筋を鍛える
     ○マッサージや表情の運動を習慣にする
     ○マッサージはやり過ぎないように注意
      →肌や毛細血管の損傷につながる
  • 目の疲れに注意する
     ○目薬を使う
     ○温熱シートで血行促進
     ○睡眠時間をしっかりと確保する
  • 食事
     ○梅干し小豆はアンチエイジングに役立つ

 

 まとめ

以上が、ほうれい線対策の基本。

 

同級生とかに久しぶりに会って、
「老けたね…」

 

こんな風に言われるのは、
ほうれい線の影響であることも多い。

 

ケアに気をつけて友達との再会は、
若々しさで驚かせよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ