冬の高尾山登山!低山で後悔しない汗対策!!

冬の高尾山登山をする人は意外と多い。

trekking-245311_640

 

実際に登った人たちは、
冬の高尾山の道のりは、
普通の冬の低山と同じ。。

 

このように言う。

 

そんな冬の高尾山の魅力はというと、
でも遠くの景色がよく見える!

 

最近ではスカイツリーも見える。

 

他にも富士山や南アルプス、筑波山といった、
高い物が丸見え(天候にもよるけど)

 

さらに景色意外では登山道近くを見ると、
寒い時期にだけ見られるシモバシラなどもある。

 

ここからが本題なんだけど、
冬の高尾山登山で気を付けたいのが、
汗などで濡れることなんだ。

スポンサードリンク

 

冬の高尾山の温度

冬の平日であっても、
高尾山には人がそれなりにいることから、
人気がうかがえる。

 

その一因は冬の山頂であっても、
大体、都心よりも少し低めの-3度ぐらいというのも、
冬にも人が訪れる理由かもしれない。

 

冬の低山ハイキング・登山での服装

高尾山は低山

 

でも山である以上は、
服装に注意したい。

 

ノースフェイスのドットショットジャケット
フリース、長Tシャツなどは、
最低でも着ておきたい。

 

でも、じっとしていると寒いくらいでないと、
歩き始めた時の汗で後がキツくなるので、
重装備だと辛いかも。

 

重装備はキツイから冬場の高尾山は、
服装とともに汗をかかないように気をつけて、
山登りをするなどの工夫を行いたい。

スポンサードリンク

少し寒い時は手袋などを着用

少しがあると低山であっても寒い!

 

そんな風邪のある時には、
耳や手といった末梢部を保温しよう。

 

末梢部の保温で高尾山の寒さは、
ある程度防げるんだ。

 

保温には耳あてや手袋を使うんだけど、
歩けば体温が上がるから汗をかかないように、
保温道具を外したりしながら体温調整。

 

休憩時には体温低下に気をつける

mountains-90775_640

短時間の休憩なら、
体温の低下は少ない。

 

でも長時間の休憩だと、
体温が低下しやすいから、
保温を行いたい。

 

長時間の休憩の場合には、
厚手のフリース(もしくはダウン)や、
雨具を着用しよう。

 

さらに手袋や帽子、
耳あて、ネックウォーマーなども使って、
しっかりと保温をしておこう。

 

雨具は必ず持って行こう

冬の高尾山の登山では、
汗による体温低下を防ぎたいと、
ここまでで書いた。

 

汗による体温低下と共に気を付けたいのが、
などによる体温低下。

 

雨に当たるのを防ぐために、
雨具を必ず用意したい。

 

雨に濡れると汗と同様に、
体温低下につながるからね。

 

濡れるのを防ぐだけでなく乾きやすくもしよう

汗、雨などにより濡れるのを防ぐとともに、
乾きやすい服装をすることも大切。

 

例を挙げるのなら、
綿の含有率が少なかったり、
速乾性素材の服装など。

 

こんな乾きやすい素材の服装を中心に、
冬の高尾山登山は行おう。

 

まとめ

冬の高尾山登山で注意したいのは、
まとめると濡らさないこと。

 

だから服装は雨に濡れない工夫と、
濡れてもすぐに乾く工夫が必要になる。

 

そして高尾山以上の山を登ろうというのなら、
必需品になる上下セパレートの登山用雨具を、
この機会に用意するのも良いかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ