ミニファミコンが生産終了……だと( ̄Д ̄;;

ミニファミコンが、
日本での生産終了と発表された。

 

任天堂からは、
『生産再開をする場合は、
改めてご案内する』とも。

 

要望が多ければ、
再生産されるのかなーとも思うけど、
案内が無い可能性も。

スポンサードリンク

北米に続いて日本もか!

今回発表された、
ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ
が、
日本国内での生産を終了する。

 

少し前(4月13日)には、
北米では同じニュースが流れた。

 

ミニファミコンについて

ミニファミコンは、
2016年11月に登場。

 

往年の名機とも呼べる、
ファミリーコンピュータの、
ミニチュア版という位置づけで販売され。

 

内部には、
30本の人気ゲームを内蔵している。

 

懐かしさもあり、
またクリスマス間近ということもあり、
ファミコンと青春を共にした多くのユーザーが、
手にしました。

 

そして、
品薄状態となったことも、
記憶に新しい。

 

この品薄が凄すぎてオークションサイトでは、
数万円という値段が叩きだされた。

スポンサードリンク

ミニファミコン生産終了の理由

海外版ファミコンとも呼べる、
NESという機種がある。

 

ミニファミコンと似た感じで、
NESの縮小版である、
NES Classic Editionも、
発売されていた。

 

しかし、
こちらも4月13日に生産終了。

 

生産終了の理由は、
「長期的かつ継続的販売を意図した商品ではなかった」とのこと。

 

クリスマス商戦向けの企画商品であったと、
多くの人が読んでいる。

 

恐らくはミニファミコンもまた、
クリスマス商戦向けの企画商品であり、
生産終了となったのではないのでは?

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ