台風の目!運動会での必勝法は、6つのコツを押さえること

台風の目という競技は、
運動会の定番ともいえる。

 

そんな台風の目には、
必勝法と呼べるものが存在しているよ。

 

今日のリサーチは、
台風の目の必勝法についてまとめた。

 

台風の目で勝つには、6つのコツを押さえるのが大切さ(-_☆)

スポンサードリンク

台風の目、全国の呼び名

運動会でよく行われる、
台風の目という競技は、
全国で色々な呼び名がある。

 

それらの呼び名をまとめると……。

 

台風の目の呼び名
  • ハリケーン
  • タイフーン
  • うずしおレース
  • 鳴門の渦潮
  • 旋風

 

色々とあるね。

 

台風の目、ルール

shock

台風の目は、
学校によってルールが微妙に違う。

 

ここでは、
そんな台風の目の、
基本的なルールをまとめるよ。

 

台風の目のルール
  • 1チーム4~5人
  • チームで1本の棒を持って走る
  • 途中でコーンを回る
  • コースを往復したら、クラスの足元をくぐらせ次に頭上に棒を通す

 

台風の目のコーンについて

競技の最中には、
2~3個のコーンを回ることになる。

 

回る時は1回転するから、
どれだけ早く回れるかが、
勝敗のカギとなる。

スポンサードリンク

運動会の台風の目、必勝法

運動会の台風の目には、
必勝法が存在する。

 

必勝法というか、
コツといった方が良いかもしれないけど、
ここではそれをまとめておくよ。

 

運動会の台風の目、必勝法
  1. メンバーの振り分け
     ○足の速さが近い生徒を同じチームにする
      →事前に50m走のタイムを計ると良い
     ○足の速さが揃わないと、怪我の原因にもなる
  2. ポールを持つときの並び方
     ○コーンを回るときのことを考えた並び方にする
     ○外側になる生徒ほど、足の速い生徒にする
     ○内側に行くにつれ生徒をもっとも足の遅い生徒をおく
     ○コーンに一番近い生徒は体重が重い人物を選ぶ
  3. コーン回転時
     ○コーンを回る時は、生徒をコーンの方に詰めさせる
     ○走り終わったら詰めた部分を再び開ける
  4. コーンを回る時の衷心よりのランナー
     ○一番体格がいい生徒を選ぶ
     ○力のある生徒を選ぶ
     ○回るとき足踏みをするように走る
  5. ポールの受け渡し
     ○足元にポールを通すとき、クラスで隙間を無くす
      →ジャンプが出来る範囲で
  6. 焦らない
     ○焦りは失敗の原因になる

 

まとめ

今回のリサーチでは、
台風の目の必勝法をまとめた。

 

必勝法と呼べるほどではないと、
思った方もいるかもしれない。

 

でも、ココで書いた方法は、
確実に押さえておかないと後悔する者ばかり。

 

台風の目で勝つためにも、
ここで書いた6つのコツは、しっかりと押さえておこうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ