かき氷シロップ 味に違いはないって本当?

色々とあるかき氷のシロップには、
味に違いが無いって……( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク

かき氷シロップの成分

まずはかき氷シロップの、
主な成分を味別に見てみましょう。

 

案の定な結果が……。

 

イチゴ味

 

黒糖ぶどう糖液糖
香料
酸味料
ハラサキイモ色素・紅花色素
増粘多糖類
調味料(有機酸等)
甘味料(アマチャ、カンゾウ)

 

メロン味

 

黒糖ぶどう糖液糖
香料
酸味料
黄色4号、黄色1号
増粘多糖類
調味料(有機酸等)
甘味料(アマチャ、カンゾウ)

 

ハワイアンブルー

 

黒糖ぶどう糖液糖
香料
酸味料
青色1号
増粘多糖類
調味料(有機酸等)
甘味料(アマチャ、カンゾウ)

 

こうやって見ると、
色素以外は全く同じであることが、
分かりますよね。

 

かき氷シロップの味に関連する成分は、
甘味と酸味に関する成分のみ。

 

よって味に関する成分は、
全て同じということです。

スポンサードリンク

味覚センサー「レオ」でも検証されて話題に

かき氷シロップが全部、
同じ味であることが話題になったのは、
味覚センサー「レオ」で検証されたからです。

 

個人差のある舌とかでなく、
味覚センサーで検証されたのなら、
疑いの余地はありませんよね。

 

かき氷シロップが違うと感じる理由

成分がほとんど同じかき氷シロップが、
違うと感じるのには理由があります。

 

その理由というのは、
かき氷シロップには錯覚を起こしやすい工夫が、
施されていることです。

 

かき氷シロップの味を錯覚する理由
  • 視覚の錯覚
     かき氷は冷たいので舌が麻痺する
      →視覚の影響を受ける
  • 嗅覚
     匂いの成分が違う
      →嗅覚の情報で錯覚

 

この2点により、
味が違うと錯覚することになります。

 

違う成分のかき氷シロップ

代表的なかき氷シロップは、
同じ成分でした。

 

ですが、
コーヒー味、カルピスの原液、宇治金時は、
全く別の成分となっています。

 

他にも、
果汁を使った本格的なかき氷シロップなども、
違う成分の物がほとんどですよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ