北海道でとうもろこしが一番おいしい時期は?

北海道と言えば、
美味しい食べ物というイメージを、
真っ先に挙げる人も多いと思います。

 

今回は北海道でトウモロコシが、
美味しい時期についてリサーチをしてみました。

スポンサードリンク

とうもろこしが旬となる時期について

とうもろこしというのは、
夏が旬となります。

 

北海道でも同じですが、
収穫時期が本州よりも短いのが、
特徴となっております。

 

北海道でとうもろこしが旬となるのは、
7月~9月の間。

 

北海道と一言でいっても、
広いですから地域によるズレはありますがね。

 

北海道でとうもろこしが美味しい時期は?

7月~9月が旬となる、
北海道のとうもろこし。

 

ですがハウス栽培露地栽培かで、
美味しい時期には差が生じます。

 

北海道のとうもろこしが美味しい時期
  • ハウス栽培で美味しい時期
     ○7月上旬~中旬
  • 露地栽培で美味しい時期
     ○8月上旬~9月下旬

 

ちなみにこの時期というのは、
日中に気温が上がって、
朝晩に冷え込む時期です。

 

この温度差によって、
とうもろこしの糖度が上がるそうです。

スポンサードリンク

ピュアホワイトについて

北海道のとうもろこしで、
有名なのがピュアホワイト

 

道端の直売所でも、
8月中旬~9月末に販売されます。

 

農家などで買えますが、
基本的に奥まった場所に行くことになります。

 

ですから、
道の駅あかいがわ・道の駅とうまなど、
道の駅を活用すると良いでしょう。

 

とうもろこしの保存方法

北海道のお土産として、
とうもろこしを買ったのなら、
量次第では保存せざるえません。

 

とうもろこしは、
鮮度が落ちるのが早い食材です。

 

ですから、
保存をするのなら、
での保存は諦めましょう。

 

ですから、
冷蔵や冷凍保存をすることになります。

 

保存期間はというと、
冷蔵であれば5日間、
冷凍なら2週間位です。

 

保存するとき、
芯を取ってから保存した方が、
調理するとき楽ですよ。

 

終わりに

北海道の名物の一つである、
とうもろこし。

 

鮮度の落ちるのが早い食材なので、
大量購入は厳しいかもしれませんね。

 

ですからとうもろこしを買う前に、
どれだけ保存可能かを、
事前にチェックしておいた方が良いでしょう。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ