私は、
小説家になろうで読むことが多いです。

 

一般的に販売されている書籍とは違い、
荒削りな所になんとなく惹かれるからです。

 

エタるものも多いですが、
それでも魅力を感じています。

 

そんな小説家になろうなんですが、
感想欄がすごく気になっています。

スポンサードリンク

小説家になろうでちょっと怪しい感想を見かけます

小説家になろうはランキング操作が、
ときおり話題になります。

 

私も、
ランキング操作したっぽい作品を、
いくつか目にしたことがあります。

 

面白くないから!!

 

とかいう話ではなく、
作者同士がお互いに感想を……ねぇ。

 

また、
感想の名前の欄をクリックすると、
その人が評価を付けた作品なんかを、
見ることが出来るのですがね。

 

明らかに不自然な、
評価の仕方をしている方が、
多いんですよね。

 

これって、
文章とストーリーの評価点ですがね。

 

評価した作品数が、
短期間でものすごい数。

 

5:5という評価の物が多い。

 

でもアリバイ作りなのか、
1:1という評価がほんの一つまみ。

 

その中間となる点数が一切ない。

 

そんな大量に評価しているのなら、
5:5と1:1の評価しかないって、
おかしいでしょ!?

 

と、つっ込みを入れたくなる、
評価の仕方です。

 

もちろん、
これだけでランキング操作だと、
判断するわけにはいかないのですが。

スポンサードリンク

タグに関する感想がチョット気になる

小説家になろうの作品には、
タグが貼られています。

 

悪訳令嬢チートとかですね。

 

このタグって本来は、
検索結果に引っかかりやすくするための物で、
読者さんに内容を説明するためのものでは、
無いと思うのですがね。

 

どうなんでしょうか?

 

ある小説の感想欄に、
タグに読者さんが分かるように、
言葉を入れてくれ!って書いてあったので、
それが未だに気になっています。

 

感想欄に書かれた主張が気になる

エッセイとして投稿される小説。

 

なんか、
エッセイのランキングに乗る文章は、
エッセイと呼べない気がしなくもないのですが……。

 

それはともかく、
エッセイの主張に対する感想で、
ときおり気になる物があります。

 

ここでいうエッセイというのは、
小説家になろうに掲載されている小説に、
色々と提案しているヤツです。

 

そのエッセイに対する、
感想の中身ですがね。

 

レベルの低い小説は投稿するな!

 

→どんな小説を投稿しては悪いのかは、
運営会社さんが決めるものですよ。

 

ある程度の文章を書けないのなら、
投稿するな!

 

→高尚な文章を読みたいのなら、
お金を払ってプロの小説家の書籍を、
購入して下さい。

 

作品を投稿するのなら、
批判を素直に受け止めろ!

 

→批判を受け止めろっていうけど、
小説家になろうってもっと緩いところでしょ?

 

つい、色々と、
ツッ込みを入れたくなります。

 

他にもある言いたいこと

他にもテンプレばかりだから、
テンプレはやめろ!

 

っていうのもありますよね。

 

なんで一円ももらえないのに、
自分が好きでもないジャンルを、
書かなくちゃいけないの?

 

こんな風に考えてしまいます。

 

愚痴でした

今回は、
完全に愚痴になってしまいました。

 

小説家になろうでは、
プロでない方たちが投稿しています。

 

苛烈な言葉をぶつけて、
若い芽を潰すような事がないように、
温かな目で見守っていきましょう(;´▽`A“

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい