毎年恒例のイベントである七夕

 

どうせ飾るのであれば、
豪華にしたいっていう気持ちが、
出ますよね。

 

ですが、
手間をかけすぎるのは時間的に辛い……。

 

こんな時は、
折り紙で七夕飾りを、
作ってみてはどうでしょう?

七夕飾りの作り方:笹

七夕飾りの定番である笹。

 

なぜ、
でなければならないのでしょうか?

 

それは、
笹が神聖な物として、
昔から扱われてきたからです。

 

笹は生命力が強く、
生命の象徴と考えられて、
来ました。

 

また、
笹の葉が揺れたときに聞こえる、
サラサラという音。

 

この音は、
神様や先祖の宿る寄り代として、
扱われてきました。

 

ですから、
笹は生命力と神聖さをもった、
特別な植物ということですね。

 

 

七夕飾りの作り方:星

七夕飾りで時折見かける星。

 

星が持つ意味は、
に願いが届きますように
と、いう意味です。

 

個人的には、
西洋的な感じのする意味ですねー。

 

 

スポンサードリンク

他の七夕飾りの作り方

他の七夕飾りの作り方を、
ここではお伝えしていきます。

 

七夕飾りの作り方:提灯

明るく心を照らしてくれるように、
と願いを込めた提灯の折り方です。

 

 

七夕飾りの作り方:紙衣

おり姫が得意な、
裁縫の腕にあやかろう!

 

と、いうわけで、
七夕になると飾られるようになった紙衣

 

竹の一番上に吊るすことで、
子供の健康を願う形代の意味を、
持つそうですよ。

 

 

七夕飾りの作り方:投網

幸せをからめとるという意味を持つ、
漁で使う網を模した飾り。

 

もちろん大漁を願う意味もあります。

 

 

七夕飾りの作り方:折り鶴

折り鶴は長寿の象徴。

 

家内安全や、
家族の健康や長寿を祈る。

 

折り鶴の数は、
家族の最年長者に合わせると、
良いとされています。

 

 

七夕飾りの作り方:屑籠(くずかご)

倹約と清潔、整理整頓の心を、
養うことを祈っている屑籠

 

 

七夕飾りの作り方:吹き流し

吹き流しは、
おり姫の織糸を表した飾り。

 

機織や裁縫の腕が、
上達しますようにと願いを、
込めています。

 

 

七夕飾りの作り方:織姫と彦星

織姫と彦星は二人のように、
愛が永遠に続きますようにと、
願いを込めています。

 

 

七夕飾りの作り方:輪飾り

輪飾りにはみんなの夢が、
繋がるように願いを込めています。

 

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい