京都のお祭りに時代祭がある。

 

明治から続くこのお祭りは、
人気が高く、毎年多くの人を集めている。

 

今回のリサーチでは、
そんな時代祭についてまとめたよ。

 

時代祭の面白さをアップさせる記事さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

京都の祭りである時代祭とは?

時代祭は、
京都三大祭りの一つ。

 

京都平安神宮の大祭で、
明治時代から行われている。

 

毎年10月22日に行われており、
雨天の場合は延期になる。

 

京都三大祭り

京都三大祭には、
他に祇園祭と葵祭りがある。

 

時代祭の歴史

a0777_000039

時代祭は、
平安遷都1100年を記念して、
明治28年から行われている。

 

ちなみに平安神宮の創建と、
平安遷都1100年祭を
奉祝するお祭り。

 

時代祭の意味

時代祭は祭列で、
行列が神幸列にお供する意味がある。

 

だから平安神宮の祭神である、
桓武天皇と孝明天皇に、
京都を巡行してもらうのが目的。

 

時代祭の見どころ

時代祭では、
笛や太鼓の音色を響かせる山国隊のあとに、
約2000名が歩く。

 

a1600_000254

2000名は、
2キロにも及ぶ大行列になっているよ。

 

この行列は御所~平安神までを歩く。

 

この長~い行列だけでも、
見る価値はあるよね。

 

でも一番の見どころは衣装

 

時代祭で着られている衣装は、
すごい物なんだ。

 

時代祭の衣装

時代祭の参加者が着る衣装は、
当時の物を正確に再現したもの。

 

約12000点もの衣装や祭具は、
綿密に時代考証が行われて、
当時の技術を再現している。

 

時代祭考証委員に籍を置く方たちに、
協力してもらったため細かな時代考証が、
行われているよ。

 

もちろん素材や染色などを、
できる限り当時と同じ形で再現している。

スポンサードリンク

時代祭の穴場スポット

京都の祭りである時代祭は、
先頭集団~最後尾を見終わるのに、
2時間以上かかってしまう。

 

さすが2キロメートルの、
大行列だよね。

 

当然、2時間も立ちっぱなしでは疲れるから、
座ってみるようにしたい。

 

時代祭の有料閲覧席

chair-505850_640

京都の祭りとして、
とてつもない人気がある時代祭。

 

有料閲覧席も3ヶ所用意されている。

 

時代祭の有料閲覧席
  • 京都御苑席
     ○一番のオススメ席
     ○出発地点だから
      →参加者の衣装に乱れがない
      →参加者の顔に疲れがない
     ○建礼門前南側の場所
  • 御池通席
     ○寺町通から烏丸通の場所
  • 平安神宮道席
     ○冷泉通から大鳥居の場所

 

ちなみに観覧席は、
一席で2050円だよ。

 

時代祭の穴場スポット

man-578902_640

穴場スポットを探すのなら、
知っておきたいことがある。

 

それはスタート地点と、
ゴール地点には人が多いということ。

 

逆を言えば、
途中の場所には人が少ない場所が、
多く存在すると言える。

 

時代祭の穴場スポット
  • 京都市役所付近
     ○河原町通りが交差する辺り
  • 神宮道周辺
     ○三条通り東山駅付近~平安神宮手前

 

時代祭の必須アイテム

時代祭のパンフレットが、
800円で販売されるから、
ぜひ手に入れておきたい。

 

有料席であれば、
お祭りの当日に配布される。

 

でもパンフレットは、
沿道でも販売されるからチェックしようね。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
京都で特に人気が高い祭りの一つである、
時代祭についてまとめた。

 

2キロメートルもの大行列

 

しかも参加者が着るのは、
限りなく正確に当時の技術で再現した衣装。

 

時代祭は、
見所がありすぎて贅沢なお祭りって言えるかもね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい