節分の豆まきについて、
由来を子どもに説明するのなら、
どのように教えればいいのか!?

 

今回のリサーチでまとめたのは、
豆まきの由来を子どもに説明するポイント。

 

教育に良い情報を目指した記事さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

豆まきが行われる節分の由来

豆まきは節分に行われる。

 

では節分って、そもそもなに

 

まずは、
この疑問から解決していこう。soybeans-182295_640

 

現在の節分は、
立春の前日である2月3日。

 

ちなみに立春とは、
冬から春になる季節の変わり目のこと。

 

子どもに節分について教えるとしたら、
この辺りだけで十分なんじゃないかな?

 

でも折角なんだから、
節分の由来についても教えたい。

 

そんな方は、
以下の情報を付け加えよう。

 

節分の由来は?

本来の節分は、
立春、立夏、立秋、立冬の4回。

 

これらの前日を指していたから、
昔は年に4回も節分があったんだ。

 

この節分なんだけど、
農業は季節に合わせて行う必要があったため、
季節の節目である節分は重要視されていた。

 

だから農業のために、
考えられたと言えるんだだ。

 

なんで立春の1日前の節分だけが残ったのか?

なぜ立春の1日前の節分だけが、
現代まで残っているのか?

 

この理由は、
新しい年になったのだから区切りをつけて、
素晴らしい春を迎えようという想いがあったから、
行事として残ったと言われているよ。

 

節分に豆まきが行われる由来

節分の豆まきは、
室町時代から行われている。

 

季節の変わり目にはが出る!calendar-547619_640

 

このように昔から言われており、
節分には昔からがまかれてきた。

 

では、なんで他の穀物ではなく、
豆を撒くのだろう?

 

節分に豆まきが行われる由来を、
子どもに伝えるのなら、
以下のようなを教えるとよいかも。

 

節分に豆を撒く色々な説
  • 豆や米には邪気を払う力があるとされてきたから
     ○大豆は大きく、ぶつけると他の穀物よりも威力が高い
      →よって大豆を使うようになった
  • 鞍馬山(くらまやま)の鬼を追い払うのに使われた
  • 神様のお告げがあった
     ○鬼の目に豆をぶつけたら鬼退治ができた
  • 語呂合わせ
     ○魔の目→魔目→豆→まめ→魔滅

スポンサードリンク

なんで節分の豆は炒った物を使うのか?

で忘れてはいけないのが、
節分で撒く豆は炒ってあること。

 

豆は魔目に通じるので、
鬼を退治するという意味。

 

豆を炒る=魔目を炒ると言う語呂になるから、
縁起が良い。

 

節分で撒く豆はを背負っているので、
芽が出ることは、厄の芽がでることに通じるので、
縁起が悪い。

 

これらのが叫ばれているよ。

 

まとめ

親であれば子どもに尊敬されたいはず。

 

今回の節分の豆知識のように、
古い文化に関する豆知識って、
上手に説明できると、
子どもに尊敬されたりする。

 

それに豆知識で脳を刺激するのは、
頭の運動にもなるよね。

 

だから子どもに尊敬されることと、
頭の運動の一石二鳥を目指して豆知識を集めよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい