運動会の曲で著作権違反?気をつけましょっ

運動会で走る子供たち。

 

その姿に親は、
我が子の成長に感動しながら、
カメラの場所取り戦争に興じるものです。

 

ここで疑問

 

運動会で、
流行りの曲を使う事も多いのですが、
著作権は問題ないのでしょうか?

スポンサードリンク

運動会の曲と著作権

運動会には、
様々な曲が使われます。

著作権

 

そしてによっては、
手続きが必要な場合も。

 

ではどのような場合で、
著作権への考慮が、
必要となるのでしょうか?

 

運動会のプログラムに

運動会のプログラム(しおり)に、
楽譜や歌詞を印刷する場合
手続きが必要な場合があります。

 

J-POPの場合は、
JASRACでの手続き。

 

外国の曲の場合は、
海外の団体に申請する必要が、
ある場合もあるので注意をしましょう。

 

応援歌などの合唱時に

運動会

応援歌を歌う時や、
吹奏楽部が演奏する時には、
手続きは不要です。

 

これは、
運動会が営利目的ではない上に、
演奏するのも生徒だからです。

 

ですが、
入場料が必要であったり、
生徒に報酬がある場合は、
営利目的となり必要となる場合が。

 

市販のCDを流す時に

入退場の時や、
競技の最中には、
市販のCDを流します。

 

これは、
著作権違反にはなりません

 

保護者の著作権問題

著作権

ここまでは、
学校側の著作権問題。

 

ここからは、
保護者の著作権違反などを、
お伝えしていくよ。

 

ビデオ録画

競技に参加する子供を、
ビデオ撮影する。

 

この場合は、
録音もされていますよね。

 

このとき、
市販のCDの音楽が入っても、
著作権違反にはなりません

 

ですが、
学校側が録画して販売したり、
配布した場合は、
手続きが必要となる事があります。

スポンサードリンク

録画内容を動画サイトにアップロード時に

動画サイトへのアップロードですが、
色々と例外があります。

 

動画投稿サイトというのは、
まとめてJASRACに許可をもらっている場合が、
多くあります。

 

また、
生徒が演奏しているのであれば、
”Licensed by JASRAC”と表記された曲は、
動画サイトへのアップロードが可能です。

 

もちろん、
市販のCDなどのアップロードは、
手続きが必要なので注意をしましょう。

 

終わりに

著作権は面倒です。

 

ですが、
学校の行事であるのですから、
面倒でも注意をする必要が、
ありますよね。

 

運動会は毎年の事なので、
著作権について勉強しても、
損はないと思いますので、
挑戦してみても良いかもしれません。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ