犬のペット保険で知っておきたいことは沢山ある。

 

今回の記事では、
人間の保険との違い。
ペット保険の避妊手術の注意点。

 

これらをまとめた。

 

愛犬のためのペット保険を知っておこう☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

犬のペット保険に入った方が良い理由

人間と同様に犬にも保険が存在する。
でも愛犬をペット保険に加入させている人は少ない。

 

この愛犬用のペット保険は、
経済的に余裕があるのなら入った方が良い。

 

なぜなら保険というだけあって、
犬に関連した色々なトラブルが対象だから。

 

犬関連のトラブル例
  • 怪我、病気
     ○犬の病気や怪我は治療費、入院費だけで数十万円かかることがる
  • 飛び付き事故
     ○犬が人に飛び付き転倒させ怪我したときにも保険がきく
     ○慰謝料や交渉など
  • 咬傷事故
     ○他の犬や人にかみついた場合の治療費などがでる

 

ペット保険と人間の保険との違い

ココで書くのは、
一般的なペット保険との違い

 

人間の生命保険とペット保険の代表的な違い
  • 日々の健康診断には使えない
  • 制限が多い
     先天性の病気や一度発症した病気には使えないなど
  • 支払われる金額には上限がある

 

人間の生命保険よりも、
保険料が高いペット保険。

 

でも保証が薄く使い勝手が悪いため、
経済的余裕がある場合以外では、
加入が難しいともいわれている。

 

犬の避妊手術の保険

避妊手術の費用は3万円~5万円が相場

 dog-280332_640

中々、高額だよね。

 

でも避妊手術に関しては、
保険適用外の所が多い。

 

他にも多くのペット保険では、
ワクチン、フィラリア、健康診断。

 

これらは保険適用外の場合が多い。

 

スポンサードリンク

愛犬のペット保険選びの前に

保険を考えるのなら、
まず、やっておきたいことがある。

 

それは獣医さんを見定めること。

 

獣医さんを選ぶポイント
  • 注射の打ち方
  • 犬への接し方
  • 来院している方の雰囲気
  • 病院の雰囲気
  • 近所での評判
  • 電話での対応
  • 手術の説明が的確か

 

信用できそうだな~と思える獣医さんに会えたら、
かかり付けの獣医さんになってもらおう。

 

その後で保険について相談すると良い。

 

かかり付けの獣医さんを見つけても、
入っている保険に対応していない!

 

こんな場合も多いから、
獣医さん選びから入って行こうね。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい