猫の暖房で安全を考えるのなら、
気を付けたいポイントがある。

 

今回のリサーチでは、
猫の暖房についてまとめたよ。

 

猫に温かい環境を、安全に提供するための情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

猫の寒さ対策を開始する時期

の寒さ対策は10月辺りから始める。

 

でも日本は縦に長いから、
寒さが本格化する時期は、
地域によって違う。

 

でも一般的には、
猫のために暖房に注意するのは、
10月辺りに入ってからの場合が多いよ。

 

猫は寒さに弱いのか?

cat-165068_640

猫はエジプト原産の動物だから、
基本的に寒さには弱い。

 

だから人間にとっても、
寒くなってきたと思える時期になったら、
猫の暖房に気をつかおう。

 

猫の寒さへの強さについて

猫にも個体差はあって、
寒さに対する耐性も違う。

 

例えば若い猫であれば、
少しぐらい寒くても大丈夫。

 

でも老年の猫の場合は、
体が痩せており寒さも感じやすい。

 

 

猫のための暖房で目指す温度は?

neko2

猫にとっての適温は、
20度ていど。

 

年老いた猫であれば、
少し高めの23度ていどが良い。

 

 

猫の暖房でも湿度に注意

人間は乾燥した環境にいると、
ウイルスに感染しやすくなる。

 

コレは猫も同じだから、
湿度は50%~60%を目指そう。

 

おまけ:有名な猫動画

猫の暖房、その基本

cats-796437_640

猫の暖房を考えるのなら、
猫が自分で好きな場所に行けるように、
工夫しておくことが大切。

 

部屋が冷えすぎたら、
猫が自分で温かい場所を探せるように、
部屋を閉め切らないようにしよう。

 

猫は温かい場所を探すのが上手

猫は温かい場所を探すのが、
上手な動物。

 

自分で、
冷たい床や冷たいタイルを見つけて、
そこで寝そべったりする。

 

だからエアコンなどを使わなくても、
あまり問題はない。

 

冬であれば、
ペットハウスに一工夫するだけでも、
暖房器具が必要なかったりするよ。

スポンサードリンク

猫の暖房方法

猫の暖房方法には、
色々な物があるよね。

 

ここでは、
猫の暖房方法について、
代表的な物をまとめたよ。

 

猫の暖房方法
  • 毛布
     ○ペットコーナーに売られている物がオススメ
       →人間の物よりも丈夫
       →人間用の物でも可
  • ドーム状のペットハウス
     ○周囲が囲まれており温かい空気が逃げない
  • 隙間テープで窓を保護する
     ○猫は外を見るのが好きだから、窓の近くに行く
  • カーテンを開ける
     ○猫は外を見るのが好きだから、窓の近くに行く
     ○カーテンと窓の隙間に冷たい空気が入ることが多い
  • こたつ
     ○ペット用の物が良い
     ○人間用のコタツは、赤外線が目を刺激したり、温度が高すぎたりする
  • 湯たんぽ
     ○何度も繰り返して使えるので経済的
     ○ペットハウスの下に入れるなどすると良い
     ○使用時にはタオルを巻く
       →直接猫に触れさせないため
     ○猫がかじったり爪をといでも中が出ないように注意
  • ブラッシング
     ○毛と毛の間に空気層を作る
       →温かい空気が逃げなくなる
     ○毛玉が出来ると空気層ができにくい
  • お腹を温める
     ○床などのお腹が接する面を温める

 

ペットハウスについて

猫の根場所となるペットハウスは、
冬の防寒対策として、
中にフリース素材を敷いておきたい。

 

cat-401124_640

これだけで、
十分に温かく過ごせるよ。

 

さらにペットハウスに、
毛布を上からかぶせると、
温かさはいっそう増す。

 

ペットハウスを冷気から遠ざけることも大切

ペットハウスを、
冷気に晒すようなことを避けたい。

 

だからからは遠ざけよう。

 

冷気への対策をするのなら、
床にも気を付けたい。

 

だから床に直接
ペットハウスを置くのは避けたい。

 

もし床に設置せざるえないにしても、
段ボールやマットを、
床とペットハウスの間に敷くようにしよう。

 

色々な猫の暖房器具

lazy-774475_640

猫のために使われる暖房器具には、
いくつか存在する。

 

それら、暖房器具の特徴や注意点
簡単にまとめるとこんな感じになるよ。

 

暖房器具の例
  • エアコン
     ○空気の乾燥に気をつけながら使いたい
     ○扇風機を使えば温かい空気が部屋全体を暖める
  • ストーブ
     ○猫の火傷に注意
       →柵でストーブを囲もう
  • ホットカーペット
     ○温度を上げ過ぎないようにする
       →低温やけどの原因になるから
  • こたつ
     ○温度を上げ過ぎないようにする
     ○人が使わないのなら電源を切る
       →電源を切っても布団で案外温かい

 

自宅で気を付けたい猫の暖房

ここでは人間が在宅しているときと、
在宅していないときの、
暖房器具の扱いについてまとめるよ。

 

人間が在宅している時の暖房

猫の暖房を考えるとき、
人間が在宅しているのなら、
何の問題もなく暖房器具は使える。

 

人間が在宅していない、猫が留守番のとき

人間が在宅していないときには、
暖房器具の使用は安全を考えると控えたい。

 

やっぱり漏電なんかによる、
火災は怖いからね。

 

先に書いた、
ペットハウスについて書いた項を読んで、
猫の温かい環境を作ってあげよう。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
猫の暖房についてまとめたよ。

 

猫と言えば寒さに弱いイメージがあるとおり、
実際に猫の多くは寒さに弱い。

 

でも猫は快適な温度の場所を、
見つけるのが上手な動物。

 

猫の暖房について考える場合、
猫が快適な温度の場所に移動するのを、妨げないように注意しようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい