彼岸の入りにお墓参りは、
ダメだっていうけど……。

 

それは心がけみたいなもの。

 

お彼岸の初日に、
慌てることの無いように、
普段からお墓参りをして、
キレイにすることを心がけようね。

 

そんな意味があります。

 

こんな理由から、
普段からお墓は綺麗にしておいて、
お彼岸のお墓参りは、
お中日に行くという家が多いようです。

 

さて今回は、
そんなお彼岸のお墓参りについて、
リサーチをしてみました。

スポンサードリンク

お彼岸の入りってなに?

お彼岸というのは、
春と秋、年に2回あります。

 

3月20日頃の、
春分の日の前後3日間、合計7日間

 

9月23日頃の、
秋分の日の前後3日間、合計7日間

 

春分の日と秋分の日は、
毎年変わりますから、
お彼岸がいつからなのかも、
毎年違ってきます。

 

春と秋の各お彼岸に入る初日を、
彼岸の入りと呼びます。

 

お彼岸が終わる日を、
彼岸の明けと呼びます。

 

春分の日と秋分の日を、
お中日と呼びます。

 

お彼岸のお墓参り、ベストなタイミングは?

先に述べたように、
お彼岸入りのお墓参りは、
嫌う方が多いようで、
行く人は少ないようです。

 

一方で特に行く人が多いのが、
お中日のお墓参りです。

 

このためお中日のお墓参りは、
混雑することが多いので、
別の日にしても良いかもしれませんね。

 

お墓参りに行くベストな時間は?

お彼岸のお墓参りは、
午前中に行く人が多いようです。

 

一方で夕方以降のお墓参りは、
避ける人が多いようです。

 

これは3時以降になると、
お墓というのは悪い気が出るという、
話しもあります。

 

ですがそれ以上に、
用事を後回しにするとゴタゴタするので、
早めに行ってしまおう。

 

このように考えて、
早めのお墓参りを心がける人が、
多いのではないのでしょうか?

 

終わりに

今回は、
彼岸の入りのお墓参りはダメかという話から、
お彼岸のお墓参りについての、
豆知識までをお送りいたしました。

 

彼岸の入りを避けるのが、
半ばマナーのように囁かれる現代。

 

お彼岸のお墓参りは、
お中日を基準とすると良いでしょう。

 

そして混雑が嫌なら、
お中日から前後に1日か2日ずらして、
お墓参りをすると良いかもしれませんよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい