結婚式の服装!男性は暑い夏にもベストは着るのがマナー

結婚式がに行われると、
服装は涼しい物を選びたくなる。

 

だから男性であれば、
ベストを着たくはないけど……それはNG!

 

今回のリサーチでは、
結婚式の服装(男性用)についてまとめたよ。

 

暑い夏に行われる結婚式には、この服装で行こうね☆-( ^-゚)v 

スポンサードリンク

結婚式の服装、ベストの役割について

夏場は暑いため、
ベストの着用は避けたい。

 

それにベストを着ない人も多く、
着用しなくても、
マナー違反だと言われることもない。

 

でもベストを着ていると、
ジャケットを脱ぐことが可能。

 

シャツは下着として扱われてきたため、
公式の場でシャツだけになるのは、
マナー違反とされている。

 

でもベストを着ていると、
ジャケットを脱いでも、
マナー違反にならないんだ。

 

他の服装について

ベスト以外にも、
結婚式で注意したい服は存在する。

 

半袖のシャツは着ない

 

シャツには肌を隠し、
汗を吸うという役目がある。

 

さらにはジャケットから覗くシャツは、
見かけをかなり良くしてくれる。

 

逆にジャケットのから、
シャツが覗かないと、
カッコ悪いと思われる。

 

準礼装では必ずベストを着用

ベストを着ている人は少ない。

 

でも準礼装の場合、
シングルスーツなら、
ベストの着用はマナーなんだ。

 

結婚式の場合なら、
グレーのベスト。

 

もしくは、
共地の黒ベスト白襟付きで。

スポンサードリンク

結婚式の服装を具体的に

結婚式の服装をまとめると、
以下の形が基本となる。

 

結婚式の服装
  • 準礼装
     ○ブラックスーツかディレクターズスーツ
     ○ベスト(ブラックスーツのシングルであれば必須)
     ○シャツ:白
     ○タイ:シルバーグレイ、白黒のストライプ
     ○ポケットチーフ:胸元に
     ○靴:黒の紐つきなど
  • 略礼装
     ○ブラックスーツかダークスーツ
     ○シャツ:白
     ○タイ:白黒ストライプ
     ○シルバーグレー
     ○靴:シンプルな物

 

基本はブラックスーツ

結婚式に参列する男性は、
8割の人がブラックスーツ

 

だから基本的な、
結婚式の服装と言える。

 

ブラックスーツとは?

ブラックスーツというのは、
黒無地のスーツを指す言葉。

 

昼も夜も切れて、
慶事だろうと弔事だろうと、
着ることが可能

 

そんなブラックスーツは、
略礼服と呼ばれている。

 

とつくから、
正式な服装は別に存在する。

 

正式な服装というのは、
モーニングや燕尾服

 

まとめ

暑い夏に着たくないベスト。

 

でも本当はベストを着れば、
ジャケットを脱いでも良いから、
涼しい想いが出来る。

 

ただ、式場でジャケットを脱いでいる人は、
滅多にいないからジャケットを脱ぐ権利の行使は難しいかも( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

このページの先頭へ