あくびは、
脳が酸素不足になったとき、
無意識に出る反応だと、
言われています。

 

ですがあくび原因が、
病気などであることも──。

スポンサードリンク

あくびの原因

疲れが出た時や、
部屋の空気が悪い時、
脳の働きが鈍くなります。

 

このとき、
脳の酸欠状態とも言える状況で、
この時にあくびが出ます。

 

あくびをすると酸素が脳に届く

あくびをすると、
大きく空気を吸い込みます。

 

そして新しい酸素を、
血液に乗せて脳に送ることが、
できるのです。

 

あくびをすると脳に刺激を与えられる

あくびは、
口を大きく開けます。

 

ですから、
あごの筋肉が刺激されて、
脳に刺激を与えられます。

 

あくびは副交感神経の働きを促進

あくびをすると、
副交感神経の働きを、
促進させます。

 

副交感神経は、
リラックス神経とも呼ばれており、
脈の安定や血圧の低下など、
リラックス効果があります。

 

だから普通のあくびは

以上の事から分かるように、
あくびは体を休息状態に、
導く効果があるのです。

 

疲れている時や、
退屈な時のあくびは、
体が休憩を求めているとも、
言えます。

スポンサードリンク

生あくびは危険かも

眠気が無いのに出るあくびを、
生あくびといいます。

 

生あくびの原因は、
体や脳に相当な疲れがたまっている時や、
病気になっていることです。

 

生あくびが出る病気

生あくびの原因が、
病気である場合もあります。

 

例を挙げるのなら──

 

  • 睡眠障害
  • 狭心症
  • 脳梗塞
  • 脳腫瘍
  • 更年期障害
  • 低酸素血症

 

これらが、
生あくびの原因として有名無病気です。

 

また、病気ではなく、
偏頭痛や乗り物酔いの前兆として、
生あくびが出ることもありますよ。

 

終わりに

上記の病気を見ると分かるように、
生あくびは危険です。

 

生あくびをすることが多いのなら、
注意をした方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい