しじみ汁は、
お酒を飲んだ後に良いと、
昔から言われていますよね。

 

これって根拠はあるのでしょうか?

スポンサードリンク

栄養たっぷりなしじみ汁

ダシ汁としてシジミは使われるので、
少し地味な印象です。

 

ですがしじみには、
栄養がたっぷりと入っており、
この栄養こそが、
お酒を飲んだ時に良いと言われる所以です。

 

しじみ汁の栄養:全ての必須アミノ酸が入っている

タンパク質を体内で合成するとき、
必要不可欠となるアミノ酸

 

しじみには、
この必須アミノ酸が、
全ては言っています。

 

またアミノ酸は、
旨味の元になるため、
しじみ汁は旨味が濃いのです。

 

しじみ汁の栄養:35種類の栄養素が入っている

しじみに含まれているのは、
必須アミノ酸だけではありません。

 

カルシウムや鉄分といった、
よく耳にする栄養素が、
35種類も含まれているのです。

スポンサードリンク

しじみのお酒への効果

しじみに含まれているアミノ酸が、
お酒に良いとされる理由です。

 

しじみに含まれるアミノ酸の内、
グルタミンとアラニンは、
アルコールを代謝する酵素の働きを、
高める効果があります。

 

さらにメチオニンは、
肝臓の働きを助けます。

 

タウリンは、
胆汁の輩出を促し、
肝臓の解毒作用を高めます。

 

アミノ酸以外でも、
しじみに含まれる
ビタミンB12が肝機能を高めます。

 

味噌もお酒に良い

しじみ汁というと、
ダシ汁を取るのに使うしじみにばかり、
意識が向いてしまいますよね。

 

ですが味噌も、
お酒を飲んだ時には役に立ちます。

 

味噌には、
コリンという栄養素が含まれています。

 

コリンはレシチンの材料となり、
肝臓に入ったアルコールが、
脂肪となり蓄積されるのを伏せ来ます。

 

終わりに

しじみ汁が、
お酒を飲んだ時に良いというのは、
本当の事です。

 

ただ作るのは、
かなり大変ですよね。

 

でもコンビニなんかに売られている、
お湯を注ぐだけのタイプは、
しじみの成分が少なそう……。

 

ですからサプリメントを使うのも、
良いかもしれません。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい