ジェネリック医薬品という言葉を、
聞いたことのある人も多いと思います。

 

このジェネリック医薬品は、
日本での普及率は、
欧米諸国と比べると、
かなり低い状態です。

 

このため、
ジェネリック医薬品を使うのには、
抵抗感を抱く人も多いかもしれませんね。

 

そんなジェネリック医薬品を新薬と比べると、
デメリットと呼べる要素が存在ます。

スポンサードリンク

ジェネリック医薬品とは?

ジェネリック医薬品とは、
別名で後発医薬品と呼ばれています。

 

ジェネリック医薬品の一番の特徴は、
値段が安いことです。

 

ジェネリック医薬品は何故値段が安いのか?

ジェネリック医薬品

新薬を開発して特許を取ると、
20年~25年間は、
独占的に製造と販売が可能です。

 

この期間に多くの人が薬を使うため、
安全性などを確認できます。

 

そして特許期間が終了すると、
開発した以外の製薬会社でも、
この薬を製造できるようになります。

 

この特許期間を終了した薬に、
新薬と同等といえる効果や成分があると、
厚生労働省に認められた場合
ジェネリック医薬品となります。

 

ジェネリック医薬品のメリット

ジェネリック医薬品は、
安いことが最大のメリットでしょう。

値段の秘密は、
他の製薬会社が開発した薬を製造するので、
開発費が掛っていないからです。

 

ジェネリック医薬品は安全性が高い

ジェネリック医薬品

安全性も、
注目したい点です。

 

ジェネリック医薬品は、
特許期間中に多くの人が利用したので、
多くの情報が集まっています。

 

ですから、
どのような副作用があるのか、
データが揃っているということです。

 

ジェネリック医薬品は形を変えられる

ジェネリック医薬品は、
形を変える場合もあります。

 

錠剤やカプセルを、
少し小さくして、
飲みやすくする場合があります。

 

また味を変える場合もありますよ。

スポンサードリンク

ジェネリック医薬品のデメリット

ジェネリック医薬品は、
開発して特許をとった製薬会社とは、
別の会社が作ります。

 

別の会社が、
ジェネリック医薬品を作るとき、
形を変えることがあります。

 

ですがコーティングの違いなどにより、
溶ける時間が変わったりします。

 

このため主成分が同じでも、
それまで飲んでいた薬とは、
効果に違いが出ることがあります。

 

この効果の違いは、
デメリットの1つと言えるでしょう。

 

ジェネリック医薬品の安全性について

ジェネリック医薬品には、
安全性の試験がありません。

 

ですから、
コーティングの変化などにより、
安全性に問題が生じた場合の副作用を、
把握できていないことがあります。。

 

ジェネリック医薬品はデメリットがある

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品は、
先ほどデータが多いので、
安全性が高いと書きましたが、
別の面から見ると、
安全性が低いとも言えます。

 

ですから、
慎重な取扱いが必要な薬は、
ジェネリック医薬品でない方が良いと、
言われている物もあります。

 

例えば、
抗てんかん薬、ジギタリス製剤、
テオフリン製剤などです。

終わりに

ジェネリック医薬品は、
安い点が注目されています。

 

ですが薬によっては、
安全性に問題がある場合もあります。

 

このことを考えると、
ジェネリック医薬品を使うかは、
専門家と相談の上で決めた方が良いということです。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい