メルニエール病を治療するのなら、
治療方法と薬について知っておきたい!

 

やっぱり直すためとは言っても、
病院に行くのは怖いしね~

 

 メルニエール病について、
今回の記事で事前知識を持って、
病院に遠慮なく行けるようになろう!

スポンサードリンク

メニエール病の治療方法は?

メニエール病の治療には、
どんな物があるんだろう?

 

メニエール病の治療方法
  • バイオプレート治療
     ○下顎の矯正による治療方法
     ○バイオプレートというマウスピースを使用して下顎を矯正する
     ○即効性が高く副作用は少ない
     ○通院回数が少ない
     ○高価には個人差が出やすい
  • 薬物療法
     ○発症してすぐの段階で効果が高い
     ○副作用に注意したい
     ○定期的な通院が必要
  • 手術
     ○症状が重い場合に選択される
     ○効果的に直すことが可能
     ○手術には副作用の心配がある
     ○お金も多く必要

 

メニエール病で処方される薬は?

メニエール病の治療方法で、
発症後すぐの場合効果が高い、
薬での治療方法。

 

では、どんなが処方されるんだろう?

 

メニエール病はで処方される薬
  • メニエール病改善剤
     ○メニエール病を効果的に改善する
     ○薬の例
       イソバイド
       イソバイドDS7g
       メニレット70%ゼリー
  • 利尿剤
     ○薬の例
       ラシックス
       ダイアモックス
  • 抗めまい剤
     ○めまいの症状改善に使われる
     ○薬の例
       イソメニール
       セファドール
  • めまい治療薬
     ○薬の例
       メリスロン
  • 代謝賦活剤
     ○めまいの改善に使われる
     ○薬の例
       アデホスコーワ
  • 循環系作用酵素製剤
     ○末梢循環障害の改善に使われる
  • 鎮暈剤
     ○悪心や嘔吐がある場合に使われる
     ○薬の例
       トラベルミン
       ドラマミン
  • 抗不安薬
     ○心を落ち着かせるために使われる
  • 精神安定剤
     ○心を落ち着かせるために使われる
  • 自律神経調整剤
     ○自律神経の調整に使われる

 

メニエール病でも仕事はできるの?

メニエール病にかかると、
仕事の継続が困難になる。

 

これはメニエール病が、
いつ症状の出る病気かわからないことが、
大きな問題となるから。

 

特にめまいや耳鳴りが起こると、
問題のある仕事の場合は注意点も増えてしまう。

 

でも一部を除けば、
周囲の理解があれば十分に行える。

 

だから仕事を続けている人も多い。

 

一方で乗り物を運転する仕事は、
続けるのが難しいのが現状。

 

メルニエール病で仕事を続けるのなら。

メニエール病は、
症状さえ出なければ、
普通に仕事が可能。

 

でも自分一人では限界があるので、
職場の理解が必要になる。

 

長く職場に勤める場合は、
隠さずにメルニエール病だと伝えないと、
影口などの原因になりつらい。

 

どのような症状が出るかや、
完治が難しい点は伝えておきたい。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい