レーシック手術は、
近視であっても裸眼で1.0まで、
視力を回復させる視力回復手術です。

 

2006年に日本で正式に認可されてから、
爆発的に普及しました。

 

ですがレーシック手術には、
後遺症が存在しています。

スポンサードリンク

レーシック手術の費用

レーシック手術は、
受ける施設にもよりますが、
片目あたり10万円~30万円です。

 

現在は、
保健医療として認可されておらず、
高額になる傾向にあります。

 

レーシック手術

レーシック手術は、
超短波長のレーザーの開発により、
実行できるようになりました。

 

このレーザーの名前は、
エキシマレーザー

 

半導体の製造にも使われています。

 

精巧に組織を削れるだけでなく、
熱が出ないので周囲の細胞組織に、
ダメージを与えることもありません。

 

ミクロレベルで、
角膜組織の形を変えることが出来ます。

スポンサードリンク

レーシック手術の後遺症について

近年注目されているレーシック手術ですが、
手術が100%成功するとは限りません。

 

手術の失敗による後遺症が、
ときおりメディアで報道されていますよね。

 

手術後に、
近視が残ってしまったというのは、
まだ良い方です。

 

矯正し過ぎた結果、
遠視になった例もあります。

 

他にもあ、
角膜のフラップが外れる、
細菌に感染するなど、
大きな問題が生じることがあります。

 

これらは、
比較的まれな失敗例ですが、
ドライアイはかなりの割合で起こるようです。

 

レーシック手術後のドライアイ

レーシック手術後に、
ドライアイになったという例は、
多くあるようです。

 

ドライアイになると、
目の乾燥により、
違和感を感じます。

 

この乾燥が酷くなると、
結膜炎や角膜炎などが生じ、
やがては大事になってしまいます。

 

ですからレーシック手術後には、
眼科専門医の指導に従って、
点眼をしたり定期的な検査をするなどが、
必要となります。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい