夏風邪をひいてから、
咳が2週間以上続く……。

 

夏風邪の原因が、
夏型過敏性肺炎だったら、
少し大変なことになるかも。

 

今回リサーチしたのは、
夏型過敏性肺炎について。

 

もし止まらない咳の正体が、夏型過敏性肺炎だったら( ̄Д ̄;;

スポンサードリンク

夏型過敏性肺炎とは

夏型過敏性肺炎になっても、
風邪だと勘違いしてしまうこともある。

 

なぜなら、
症状が風邪とそっくりだから。

 

では、風邪と違う点は、
どんな所だろう。

 

とりあえず、
その違いを知るために、
夏型過敏性肺炎の特徴を見てみよう

 

夏型過敏性肺炎の特徴
  • 発症時期
     ○5月~10月
  • 症状
     ○発熱
     ○咳
     ○だるい

 

夏型過敏性肺炎のチェックポイント

夏型過敏性肺炎かは、
以下の点に注意して確認しよう。

 

以下の点に注意して、
夏型過敏性肺炎かを考えてみよう。

 

夏型過敏性肺炎のチェックポイント
  • 去年も5月~10月に咳が止まらなかった
  • 咳が風邪薬を飲んでも治まらない
  • 職場で咳が続く人が多い
  • 咳が辛いほどに悪化してしまった

 

夏型過敏性肺炎には、
2種類が存在して、
慢性型はしっかりと治療しないとヤバい!

 

夏型過敏性肺炎の種類

夏型過敏性肺炎には、
急性型慢性型の、
2種類があるんだ。

 

夏型過敏性肺炎のタイプ別症状
  • 急性型
     ○症状は一時的
     ○回復が早い(症状が軽い場合)
     ○原因となるカビから離れる必要がある
  • 慢性型
     ○毎年、咳が出る(5月~10月)
     ○息切れがしやすくなる
     ○肺が委縮する
     ○カビから離れても症状が続く
     ○呼吸不全で亡くなることもある

スポンサードリンク

夏型過敏性肺炎の原因は?

夏型過敏性肺炎は、
カビが原因でなる。

 

トリコスポロンっていう、
言いにくい名前のカビが原因なんだ。

 

だからカビから遠ざかるのが、
急性の夏型過敏性肺炎には大切。

 

カビ対策の基本

夏型過敏性肺炎は、
カビ対策が重要になる。

 

最低でもカビ対策として、
以下の場所の掃除は行おう。

 

最低限、行いたいカビ対策
  • 具体的に行いたい場所
     ○水あか
     ○水回り
     ○加湿器
     ○カーエアコン
     ○空気清浄機
     ○窓を開ける
     ○雨の降っていない日
     ○野菜のくず
     ○浴室
     ○ゴミなどにも注意
     ○エアコン
     ○押し入れも換気する
     ○生ごみ
     ○洗濯槽
  • 換気に気をつける
  • 調理中は換気に注意する
     ○換気扇は調理後も回し続ける
  • 帰宅後には窓を空ける
  • 水周りに気をつける
  • 夏に使う前には、エアコン掃除をする
  • 家具と壁に隙間を作る
     ○5cmほどの隙間を
  • エアコン
     ○1時間ほど使用後も除湿機能を使う
  • 洗濯物の部屋干しは行わない
  • お風呂を使い終わったら早くお湯を抜く

 

次にカビについても知っておこう。

 

以下のような環境は、
カビが繁殖しやすいから注意しよう

 

カビの繁殖しやすい環境
  • 温度が20℃~30℃
     ○60℃を超えると繁殖力が最大になる
  • 湿度が80%だと繁殖しやす

 

まとめ

今回まとめたのは、
夏型過敏性肺炎について。

 

症状が風邪と酷似しているから、
放置する人が多い夏型過敏性肺炎。

 

でも放置すると慢性型の場合、
症状がどんどん悪化していくから、
咳が辛いな~と感じたら早めに病院で調べてもらおうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい