お弁当を食べるのが怖くなる

 

保冷剤をうまく活用して、
食中毒の恐怖を回避しよう。

 

今回まとめたのは、
弁当箱への保冷剤の使い方と、
食中毒回避のポイント。

 

夏の前に知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

夏のお弁当について

年間を通して、
多くの人を苦しめる食中毒

 

特に梅雨~秋の頃になると、
細菌が原因の食中毒が、
多く発生するようになる。

 

夏のお弁当を食中毒から守るには?

弁当

夏になったら、
弁当を食中毒から守るために、
色々と気をつけないとならない。

 

最低でも以下の点には気を付けよう。

 

夏のお弁当を食中毒から守る方法
  • 食材にしっかりと火を通す
     ○75度の温度で最低でも1分は過熱したい
  • 加工食品にも加熱する
     ○ちくわやハムなどにも加熱する
  • 梅干しを弁当箱に入れる
     ○梅干しをご飯に混ぜるだけで殺菌効果がある
       ただし塩だけで漬けた梅干しでないとならない
  • ゼリーなどを凍らせて弁当箱に入れる
     ○一口ゼリーなどを凍らせると弁当を冷やす
  • 生野菜は入れない
     ○生野菜の水分が危険
       酢の物やピクルスにすると良い
     ○茹でた場合も水分の多い野菜は入れない
       ほうれん草などは危険
  • 水分の多いおかずは入れない
     ○煮物などは極力汁気を減らす
  • 味付けを濃い目にする
     ○濃い目の味付けにすると傷みにくくなる
  • 冷めた物を弁当箱に入れる
     ○細菌が繁殖しやすい温度は37℃~40℃
     ○扇風機などを使うと早く冷える
  • 具の入ったご飯は避ける(梅干し以外)
     ○チャーハンなどは傷みやすい
  • 調理環境は清潔に保つ
     ○菌を持ちこまないことが大切
  • 素手で触れない
     ○手には細菌が一杯
     ○弁当箱の内側やおかずなどを素手で触れない
     ○おにぎり等は、ラップなどの上から握る
  • 抗菌シートを入れる
     ○弁当用の物が売られている
     ○おかずの上におくと良い

スポンサードリンク

夏の保冷剤の入れ方

保冷剤を入れるのなら、
以下の点に気を付けよう。

 

夏の保冷剤の使い方
  • 保冷剤はいつから入れる?
     ○予想最高気温が25℃を超える日から
  • 保冷剤の置く場所
     ○弁当箱のフタの上に2~3個
     ○冷たい空気は上から下へと向かうため
  • 保冷剤の上に
     ○冷やしたペットボトルなどのお茶を入れるとより良い効果がある
     ○予想最高気温が30℃を超えそうならお茶を凍らせるておくとよい

 

このようにしてから、
弁当箱を保冷バッグなどに入れると良いよ。

 

終わりに

夏のお弁当には保冷剤が必須。

 

さらにここで書いたような、
食中毒回避のコツを実践すれば、
夏のお弁当の恐怖がより減るハズ。

 

少し面倒かもしれないけど、
出来ることから取り入れていこう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい