時差ボケになると、
寝れない状態になりますよね。

 

このような時には、
どのようにすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

時差ボケで寝れない時に試したいこと

時差ボケで帰国後に、
寝れない時に試したいことは、
いくつかあります。

 

帰国後の時差ボケというのは、
体内時計が滞在した国のリズムに、
合わさったままであることにあります。

 

ですから時差ボケの解消には、
体内時計をどうやって調整すれば、
良いのかが重要となります。

 

よって、
どのような点に気をつければ、
体内時計を調整できるのかを、
これからお話しいたします。

 

体内時計調整のコツ1:起床時間に注意する

時差ボケ

起床時間は、
いつも日本で過ごしていた通りにして下さい。

 

時差ボケが辛いかもしれませんが、
寝起きにシャワーを浴びるなどして、
気分を切り替えるようにしましょう。

 

体内時計調整のコツ2:夜以外は寝ない

時差ボケになった場合、
昼寝は避けた方が良いですよ。

 

昼寝をすると、
時差ボケから抜け出すのに、
長い時間がかかってしまいます。

 

どうしても眠気を堪えられない場合は、
2時間程の昼寝をするなどして、
誤魔化すようにしましょう。

 

体内時計調整のコツ3:日光を浴びる

体内時計の調整で、
特に重要となるのが日光です。

 

日光を浴びることで、
人間の体は日中であることを知ります。

 

この日光を浴びるタイミングですが、
Entrainというアプリが便利です。

 

あらかじめデータを入力しておくと、
日光を浴びるべきタイミングや、
起床時間を教えてくれますよ。

スポンサードリンク

体内時計調整のコツ4:食事の時間に注意

食事を適切な時間にとることでも、
身体が日中かどうかを、
理解するきっかけとなります。

 

日本での生活に合わせて、
食事をするようにしましょう。

 

仮に食欲がない場合も、
少しでよいので口に入れましょうね。

 

 

体内時計調整のコツ5:昼間には運動を

寝れない時

時差ボケで寝不足の時には、
少しキツイかもしれませんが、
軽く日中に運動を行いましょう。

 

散歩やストレッチ程度でも、
日光にあたりながらであれば十分です。

 

また眠る前にも、
軽くストレッチをすると、
より効果的ですよ。

 

終わりに

今回は、
時差ボケで寝れない時について、
お伝えをしました。

 

大切なのは、
体内リズムの調整

 

だから──

 

  • 日光に当たる
  • 夜以外は眠らない
  • 食事は日本のタイミングで

 

これらは特に重要な、
時差ボケ解消のポイントになります。

 

時差ボケで夜寝れない時というのは、
日中どう過ごすかを見直すことが、
とても大切になるのです。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい