月経前症候群の治療方法で、
最も使われるのが薬物療法。

 

症状が軽ければ、
薬すら使わない場合もあるけど、
医師の判断次第でが使われることになる。

 

今回のリサーチでは、
月経前症候群の治療方法をまとめた。

 

月経前症候群(PMS)が苦しい時に知っておきたい情報さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

一般的に使われる薬は?

薬物療法がおこなわれる時、
抗うつ薬と抗不安剤が使われることが多い。

 

この2種類の薬以外では、
ビタミン剤が処方されることもある。

 

あと、最近ではピルを使う場合もあるから、
この点についてもまとめるよ。

 

抗うつ薬について

月経前症候群は、
うつ病と似た症状が出る。

 ache-19005_640

だからうつ病と同様に、
抗うつ薬を使用することがある。

 

抗うつ薬を使うと、
セロトニンが活発に分泌されて、
精神的な症状が緩和される。

 

ただ副作用も存在しており、
排尿障害や便秘の原因になる。

 

抗不安剤について

抗不安剤を使うことで、
不安感やイライラを抑えられる。

 

ただ副作用として、
息切れ、めまい、頭痛、眠気、吐き気が出る。

 

副作用が多いため、
危ない薬のように感じるかもしれない。

 

でも薬の中では、
比較的安全性が高いとされており、
用量や用法を守れば大きな問題は起きにくい。

スポンサードリンク

ピルについて

月経前症候群の改善には、
ピルが用いられることも多い。

 

ピルはホルモンバランスを、
妊娠しているのと同じ状態にして、
排卵を抑制したりする。

 

ピルの副作用について

ピルは副作用が強いことでも有名。

 

頭痛や吐き気で悩む人もいるから、
取り扱いには注意が必要。

 

ただ月経前症候群に使われるピルは、
低用量ピルという物。

 kusuri

低用量ピルは、
成分の少ないピル。

 

だから副作用も少なく、
安全性が高い。

 

ただ低用量ピルにも、
いくつも種類がある。

 

だから種類によっては、
副作用が強く現れたり、
効果が弱かったりする。

 

よって3ヶ月ほどかけて、
体に合った低用量ピルを探すことになる。

 

ピルの効果について

ピルは月経前症候群以外にも、
様々な病気の治療に使われる。

 

生理痛軽減や、多毛症改善、
生理不順改善、ニキビ改善……など。

 

更に付け加えるのなら、
子宮体がん予防、卵巣がん予防……など。

 

まとめ

今回のリサーチでは、
月経前症候群の治療方法をまとめた。

 

月経前症候群は、
薬物療法で対処していくのが一般的。

 

時にはピルを使うなど、
適切な薬を選んでくれるはずだから、
苦しい時は早めに病院に行こうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい