生理痛は女性特有の悩み!

 

生理痛の原因と症状が、
今回のリサーチ対象。

 

生理痛と一言でいっても、
色々な原因がある。

 

そして原因次第で、
症状も変わってくるから、
その辺りもくわしくまとめた。

 

気になる生理痛について勉強してみよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

生理痛の原因

生理痛の原因は以下の通り。

 

生理痛の代表的な原因
  • 過剰分泌されるプロスタグランジン
     ○プロスタグランジンという物質が過剰分泌されると痛みが生じる
     ○プロスタグランジンの分泌量は個人差がある
     ○正常な分泌量の人は痛みが軽くて済む
  • 子宮が狭い
     ○子宮の出口が狭い場合は経血が出にくいため生理痛の原因になる
     ○出産経験がない女性は、子宮の狭さが原因の場合も多い
  • 冷え
     ○冷えて体温が下がると血液循環を悪くし生理痛の悪化につながる
     ○冷え性の人は生理痛が酷いという人も多い
  • ストレス
     ○ストレスにより自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れる場合がある
     ○結構が悪くなる、体温調整に悪影響が出るなどし生理痛が発生する

 

生理痛を起こす原因には、これらがある。

 

あなたに該当するものがあるか、
少しだけ考えてみよう。

 

生理痛には時期ごとに原因と症状に違いが!

model-197065_640

先程の章では、
生理痛の原因を大雑把にまとめた。

 

そんな生理痛の原因なんだけど、
時期ごとに原因となりやすい要因は、
変わってくるんだ。

 

ここからは生理痛の原因と症状を、
時期別に少し詳しくまとめるよ。

 

まとめるのは、以下のの時期。

  1. 月経前
  2. 月経前半
  3. 月経後半

1.月経前の生理痛

まずは月経前の生理痛について。

 

月経前の生理痛
  • 生理の1~2週間前から症状が始まる
     ○PMS(月経前症候群)と呼ばれている
  • 主な原因
     ○黄体ホルモン
  • 症状
     ○イライラ
     ○だるさ
     ○胃痛
     ○肩こり
     ○集中力低下
     ○頭痛
     ○乳房痛

 

黄体ホルモンは女性ホルモンの一種

黄体ホルモンの分泌量は、
排卵後には急激に増えるけど……
……受精卵の着床がない場合は一気に減る。

 

この急激な変化によって、
自律神経のバランスが崩れるんだ。

 

そして自律神経の乱れにより、
様々な症状が出る。

 

さらに黄体ホルモンには様々な作用があり、
乳房の痛み、だるさ、下半身のむくみを発生させる。

 

黄体ホルモンの作用
  • 体温を上昇させる
  • 乳腺の発達
  • 体内の水分を出す

  

スポンサードリンク

2.月経前半の生理痛

次にまとめるのは、
月経前半でくる生理痛。

 

月経前半
  • 主な原因
     ○プロスタグランジン
  • 症状
     ○めまい
     ○下腹部のキリキリした痛み
     ○下腹部の鈍痛
     ○下痢
     ○吐き気

 

 プロスタグランジンが生理前半では大きな原因

ache-19005_640

生理直前~生理前半まで、
プロスタグランジンという物質が、
凄い勢いで増える。

 

プロスタグランジンには、
子宮の収縮を促すという働きがあるんだ。

 

この子宮の収縮により、
経血を体の外に排出させる。

 

だからプロスタグランジンは必要な物質。

 

でも、正常値を上回る量が分泌されると、
子宮の収縮が強くなりすぎて痛みが生じる。

 

他にもプロスタグランジンには、
体への影響があって……

 

過剰分泌されたプロスタグランジンの身体への影響
  • 子宮の収縮
     ○症状
       痛み
  • 血管の収縮作用
     ○症状
       だるさ
       腰痛
       冷え
  • 胃腸の働きへの影響
     ○症状
       吐き気
       下痢

 

3.月経後半の生理痛

最後に月経後半の生理痛をまとめるよ。

 

月経後半の生理痛
  • 主な原因
     ○うっ血
       →うっ血というのは血流の滞りを指す
  • 症状 めまい
     ○吐き気
     ○下痢
     ○下腹部の痛み

 

うっ血は血流の滞りを指す

月経後半の生理痛の場合は、
骨盤周辺の血流が滞る。

 

生理痛が軽い場合は、
このうっ血の解消で、
症状の改善を目指すことが可能。

 

生理痛が酷い場合には?

ここまで生理痛についてまとめたけど、
痛みが酷過ぎる場合はどうしたらいいのか?

 

当然のことなんだけど、
生理痛が酷過ぎる場合には、
病院に行く必要がある。

 

なぜなら子宮内膜症などの可能性があるから。

 

まあ、生理痛であっても、
病院で診断を受ければ、
痛みを和らげるをくれたりする。

 

だから生理痛が酷い場合は、
なるべく病院に行きたいところ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい