腰痛になると辛いですよね。

 

これまで出来ていた動きが、
腰痛の痛みが治まるまで、
出来なくなるのですから。

 

今回は、
腰痛に役立つ食べ物の情報を、
リサーチしました。

 

腰痛が気になるときに食べ続けたいのは何かな☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

ビタミンBが豊富な食べ物

玄米、豚肉、レバー、
豆類、牛乳、葉菜類。

 

これらには、
ビタミンBが豊富。

 

ビタミンBには、
血行を良くする効果があります。

 

血行が良くなると、
内臓に原因のある腰痛に対して、
良い効果を発揮します。

 

ビタミンBの注意点

ビタミンBは、
水や熱に弱い栄養素です。

 

水で洗いを行い過ぎただけでも、
ビタミンBは抜けてしまいます。

 

また、直射日光を避ける必要もあります。

 

ビタミンEが豊富な食べ物

ナッツ類、食物油、うなぎ、
アボガド、かぼちゃなど。

 

これらには、
ビタミンEが豊富です。

 

ビタミンEは、
筋肉疲労の回復に役立ちます。

 

腰の疲労にも、
良い影響を与えますよ。

 

ビタミンEの注意点

ビタミンEは、
他のビタミン類と一緒に摂ると、
高い効果を発揮します。

 

ですから、
緑黄色野菜を食物油で、
炒めるだけでも効果が高まる。

スポンサードリンク

カルシウムが豊富な食べ物

乳製品、海藻類、
小魚、大豆食品。

 

これらには、
カルシウムが豊富です。

 

カルシウムの摂取により、
筋肉疲労や骨折といった、
腰痛の原因を排除することができます。

 

カルシウムの注意点

カルシウムは、
日光にあたったり運動をすることで、
初めて効果を発揮します。

 

またカルシウムは、
1日の間に吸収できる量に、
限度が存在します。

 

だから毎日キチンと、
カルシウムは摂り続ける必要があります。

 

そんなカルシウムは、
酢酸によって吸収効率がアップします。

 

グルコサミンやコンドロイチンが豊富な食べ物

山芋のようなネバネバした食べ物、
鶏や豚などの軟骨、鶏皮、
うなぎ、牛すじなど。

 

これらの食べ物には、
グルコサミンやコンドロイチンが豊富です。

 

グルコサミンは、
骨と骨の間にあるクッション代わりの、
軟骨を作るのに必要。

 

そしてコンドロイチンは、
軟骨のすり減りを抑制してくれる。

 

グルコサミンやコンドロイチンの注意点

グルコサミンやコンドロイチンは、
食べ物だけで1日分を摂るのが難しい。

 

だからサプリメントの活用を、
前提にした方がよいでしょう。

 

終わりに

腰痛に良いとされる食べ物を、
対処法として今回はまとめました。

 

腰痛に良い食べ物といっても、
食べればすぐに効くというわけでは、
ありません。

 

ですから今回ご紹介した食べ物は、
毎日食べてこそ効果を発揮するということです☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい