腸内フローラのバランスが崩れて、
毎日が便秘気味……。

 

と、気付いている人は少なく、
色々な便秘解消法を実践しても、
あの苦しさから抜け出せない人が、
多いようです。

スポンサードリンク

腸内フローラは研究が進んでいる

腸内フローラは、
世界規模で研究されています。

 

最近では、
腸内フローラが健康や美容に、
どのような影響を与えるのかも、
少しずつ分かってきているようです。

 

私たちの腸内の細菌

腸内フローラ

私たちの腸内には、
100兆もの細菌が住んでいるというのは、
有名な話ですよね。

 

まるで、
植物が群生しているように見えるから、
腸内フローラと呼ぶそうです。

 

腸内フローラは人種などで変わる

腸内フローラは、
人種、食生活、生活習慣、年齢などで、
種類や数が大きく変わってくるそうです。

 

しかも、
同じ腸内フローラを持つ人は存在せず、
人間一人一人がオンリーワンな、
腸内フローラを持っているそうですよ。

 

腸内フローラを構成する細菌

腸内フローラは、
善玉菌と悪玉菌が有名ですよね。

 

ですが他に、
日和見菌という細菌も存在します。

 

日和見菌というのは、
優勢な細菌に味方をする
調子の良いやつです。

 

腸内フローラは、
善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7の割合が、
良いバランスだと言われています。

 

腸内フローラとヨーグルト

腸内環境の改善と言えば、
ヨーグルトを真っ先に思い浮かべる人が、
多いと思います。

 

ですが、
ヨーグルトで摂取できる、
乳酸菌やビフィズス菌は、
胃酸や熱に影響されやすい特徴が、
あります。

 

ですから、
生きたまま大腸に届くのは、
一部の細菌だけです。

 

しかも、
腸内フローラの状態によっては、
環境に合わず乳酸菌などが、
体の外に排出されてしまいます

スポンサードリンク

だったら、どうすればいいの?

最近の研究で、
枯草菌を摂取すれば良いと、
言われるようになってきました。

 

なんでも枯草菌を摂取すると。
一人一人が違う腸内フローラの環境が持つ、
良い特徴を強めてくれるそうです。

 

しかも枯草菌は胃酸や熱に強く、
99%が生きたまま腸に届くとのこと。

 

枯草菌と納豆菌

日本人になじみが深い納豆の菌である、
納豆菌も枯草菌の一種です。

 

ですから腸内環境の改善には、
日本の納豆に注目しましょう。

 

枯草菌を含む納豆は、
腸内フローラを、
増やすなどするのに役立つのです。

 

いずれヨーグルトのように、
日本の納豆が腸に良い!
とか、言われるようになるかもしれませんよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい