自律神経失調症は、
ストレスが原因となり発症することも多い。

 

他にも色々な原因があるけど……

 

今回のリサーチでは、
自律神経失調症の症状と原因をまとめた。

 

対策をとるためにも基礎知識として知っておこう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

自律神経失調症 その症状は?

自律神経失調症とは、
名前のとおりの原因と症状がでる。

 

自律神経がバランスを崩すのが原因で、
体に不調が出る。

 

このため病気が原因でないため、
病院の検査では異常なしとされやすい。

 

自律神経失調症の症状
  • 身体的症状
     ○のどの圧迫感
     ○のぼせ
     ○めまい
     ○下痢
     ○耳鳴り
     ○手足
     ○息切れ
     ○吐き気
     ○頭痛
     ○動悸
     ○疲れ目
     ○便秘
     ○味覚障害
     ○目の乾き
     ○立ちくらみ
     ○勃起障害や
     ○生理不順
     ○肩こり
     ○関節痛
  • 精神的症状
     ○意欲の低下
     ○倦怠感
     ○記憶力低下
     ○集中力低下
     ○睡眠障害
     ○疲労感
     ○不安や恐怖心

 

ココに書いたような様々な症状が、
自律神経失調症ではでる。

 

さらに言えば、
複数の症状がまとめてでることもあるので、
注意が必要となるから注意しよう。

 

たまに疲れだと思っていたら、
自律神経失調症だったという場合もあるから、
この辺りも気を付けようね。

 

スポンサードリンク

自律神経失調症の原因は?

ここでは自律神経失調症の、
代表的な原因をまとめるよ。

 

自律神経失調症の代表的な原因
  • ストレス
     ○仕事や人間関係で生じるストレスも危険
  • 環境変化
     ○引っ越しをしたり転職した場合も注意
  • 自律神経が過敏
  • 女性ホルモン
     ○妊娠などが原因で女性ホルモン量の変化した場合も注意
  • 性格
     ○特に几帳面、責任感が強い、マジメ、完璧主義の場合は注意
  • 生活リズム
     ○夜遅くまで起きている、運動をしないなどは危険

 

自律神経失調症の原因となるのは、
上記のとおり様々な要因がある。

 

でも、いずれも日常の中で、
生じる原因だから注意が難しいかもしれない。

 

まとめ

今回は自律神経失調症の原因と症状について。

 

自律神経失調症は、
「もう国民病で良いんじゃない?」

 

このように思えるほど、
多くの人が悩まされている。

 

自律神経失調症になると、
生活への支障もあるから対策をとりたいところ。

 

でも対策をとるためには、
自分が自律神経失調症だと気付かないといけない。

 

この自律神経失調症という物は、
疲れと勘違いしやすかったり気付きにくいから注意しよう☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい