血液ドロドロの原因には、
血管年齢や睡眠など身近な原因が多い。

 

他にも食事や水分なども原因だったり、
本当に身近な所にドロドロ血液を作る要因がある。

 

今回のリサーチでは、
血液がドロドロになる原因についてまとめた。

 

 身近なドロドロに早めの対策を(-_☆)

スポンサードリンク

血液がドロドロになる原因

血液がドロドロになる原因は、
いくつかある。

 

その中でも特に有名なのは以下のとおり。

 

血液がドロドロになる原因
  • 食生活の乱れ
     ○一番原因となりやすい
     ○野菜や魚よりも肉食が多いとなりやすい
     ○甘い食べ物を食べすぎるのも原因になる
  • ストレス
     ○過度なストレスは血液の流れを悪くする
      →緊張によって汗が大量に出て水分不足になりドロドロに
  • 運動不足
     ○運動不足により血液の流れが悪くなる
     ○ストレスも溜まりやすくなる
  • 水分不足
     ○水分が不足することで濃度が高くなり血液がドロドロになる
  • お酒
     ○過剰な摂取は血液をドロドロにする
     ○適量なら血液の流れが良くなることもある

 

スポンサードリンク

血管年齢と血液ドロドロの関係

血管年齢と血液ドロドロには関係がある。

 

血管年齢が高いと血液のドロドロになりやすく、
血液がドロドロしていると血管年齢が高くなりやすくなる。

 

血管年齢度は
  • 血管年齢は血管の年齢を表す
  • 血管年齢が高いと動脈硬化になりやすいのは有名

 

血管年齢が高いと動脈硬化になりやすいけど、
動脈硬化は色々な病気の原因になる。

 

それも重大な病気を併発することが多いんだ。

 

睡眠不足で血液がドロドロ?

睡眠する時間が短いと、
血液はドロドロになりやすい。

 

睡眠時間の短さで血液がドロドロする原因
  • ストレスが蓄積される
     ○ストレスで血液がドロドロするのは有名
      →睡眠不足はストレスの原因になる
     ○ストレスが不眠の原因となる
  • 疲労が取れない
     ○十分な睡眠がとれないと疲労は蓄積される
     ○疲労の蓄積は老廃物がたまる原因となる

 

 まとめ

今回は血液がドロドロになる原因について。

 

血液がドロドロになる原因は、
身近な所にある場合が多い。

 

身近だからこそ見落としがちだから、
一度生活習慣の見直しを行ってみよう。

 

怖い現実がアナタを覗いているかもしれない(-_☆)

 

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい