虫歯というのは、
なりやすい人は徹底的になる物です。

虫歯

 

それはもう酷い物で、
数週間歯医者さんにいかなっただけで、
残念な診察結果が待っている程です。

 

一方で虫歯にならない人は、
本当に全くなりません。

 

この違いを作っているのは、
虫歯菌が住みやすかったり、
歯の質が悪かったりするのが、
原因である事が多いんですよね。

 

このうち虫歯菌に関しては、
赤ちゃんとの接し方次第で、
赤ちゃんの虫歯のなりやすさは、
大きく変わってくるとされています。

スポンサードリンク

赤ちゃんの虫歯菌について

生まれたばかりの赤ちゃんの口には、
虫歯菌は住んでおりません。

 

生まれてしばらく経った頃
虫歯菌に感染します。

 

だいたい2歳7ヶ月までが、
虫歯菌に感染しやすい期間です。

 

この時期を過ぎれば、
虫歯菌に感染しにくくなるそうです。

 

ですが、
個人差がありますよね。

 

ですからだいたい3歳までは、
虫歯菌に気をつけましょう。

 

赤ちゃんの虫歯菌感染の原因

赤ちゃん

赤ちゃんの虫歯菌感染ですが、
その大半は親からだそうです。

 

キスをしたりして、
親の唾液が赤ちゃんの口に入る事で、
虫歯菌を感染させるとされています。

 

また、
熱い食べ物をフーフーと冷ましただけでも、
虫歯菌感染の原因になるとされています。

 

この程度で感染するのですから、
親からの虫歯菌感染を防ぐためには、
物凄い注意が必要という事です。

 

赤ちゃんを虫歯菌から100%守るのは不可能

虫歯菌

ここで残念なお知らせがあります。

 

赤ちゃんを虫歯菌から、
完全に守るのは不可能です。

 

そもそも虫歯菌ですが、
成人してからも感染します。

 

先程お伝えした2歳7ヶ月までというのは、
虫歯菌に感染すると被害が大きい期間であり、
この時期を過ぎても、
虫歯菌被害の可能性は残るのです。

 

ですから、
保育園や幼稚園に行ったとき、
その場所で虫歯菌に感染する事が、
十分に考えられます。

 

親の手では、
対処が出来ない場所に、
感染可能性があるわけなので、
対処は難しいですよね。

 

開き直るしかありません

対処できないわけですから、
開き直るしかないんですよね。

 

開き直って3歳からは、
虫歯菌を口に入れないから、
虫歯菌に虫歯を作らせないことに、
考えをシフトさせましょう。

 

歯磨きの習慣を、
身に付けさせるのを徹底する。

 

食事をダラダラ長く食べさせない

 

仕上げ磨きを、
しっかりと行う。

 

など、
虫歯にさせないための行動を、
頑張って行いましょう。

 

赤ちゃんの虫歯菌対策と共に大切な事

赤ちゃん

赤ちゃんの虫歯菌対策は、
赤ちゃんの口の中に注意を向けて、
他には注意を向けない物です。

 

しかし、
虫歯菌感染は親からが大半

 

ですから、
私たち大人の口腔内にある虫歯菌に、
注意を向けなければ、
赤ちゃんの虫歯菌対策は、
不完全と言わざるえません。

 

3DSという方法が、
歯科医では行われています。

 

これは口腔内の細菌を、
徹底的に除菌するという方法です。

 

私たち大人の口から唾液が飛び出て、
赤ちゃんの口に入る事で、
虫歯菌感染の大半は起こります。。

 

ですから、
大人の口腔内の除菌は、
赤ちゃんの虫歯菌対策にとって、
とても大切な事です。

 

また日常のケアとしては、
虫歯菌を除菌できる歯磨き粉を、
使うのも手かもしれません。

 

ブリアンというのですが、
コチラを見ると分かりやすいと思います。

 

ブリアンとは?

 

終わりに

キス

今回は、
赤ちゃんの虫歯菌について、
リサーチを行いました。

 

虫歯というのは、
本当に辛いですからね。

 

なんとしてでも赤ちゃんには、
この苦しみを与えないようにしたいものです。

 

ですから、
私たち大人の口腔内ケアも含めて、
虫歯菌対策を行っていきましょう。

 

大人と赤ちゃんの口腔内ケアを、
並行して行う。

 

これが赤ちゃんにとって、
本当の意味での虫歯菌対策と、
なるのではないのでしょうか?

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい