軽いぎっくり腰になったら?対処法はこれ!

軽いぎっくり腰と呼べる症状があります。

 

軽いぎっくり腰であれば症状が軽く
痛みもそれほど強くはありません。

 

ですから歩けることも多いのですが、
痛いことに変わりはなく、
日常生活に大きな影響を与えます。

 

では軽いぎっくり腰になったら
どのように対処をすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

ぎっくり腰について

ぎっくり腰は、
急性腰痛や椎間捻挫という、
別名をもっています。

 

ぎっくり腰になると、
腰が衝撃と共に激しい痛みに襲われます。

 

ぎっくり腰の原因

軽いぎっくり腰になったら

ぎっくり腰の原因は、
急激な負荷や筋肉疲労、
骨格の歪みなどであることが多いようです。

 

また瞬間的に腰椎がズレることで、
腰回りの筋肉が不可に負けてしまい、
炎症を起こすという場合もあります。

 

ただ、ぎっくり腰は、
検査しても椎間板や骨には異常がなく、
また神経痛の発祥も見られません。

 

ぎっくり腰になる状況

ぎっくり腰は、
急激な腰に負荷が掛ってなることが、
特に多いとされています。

 

荷物を中腰で運ぼうとしたり、
よろけて勢いよく片足を突いたりした場合に、
ぎっくり腰になってしまった……。

 

このような場合が多いのです。

 

また急激な負荷がない場合でも、
溜めこんだ筋肉疲労が限界を超えて、
何気ない動作でぎっくり腰になることもあります。

 

あとは骨格の歪みによって、
ぎっくり腰になることもあります。

 

骨格の歪みは、
長時間同じ姿勢でいるなどして、
体の柔軟性が失われて起こります。

 

軽いぎっくり腰になったら、どんな対処法があるの?

軽いぎっくり腰になったら

ぎっくり腰は、
症状の程度に関係なく、
安静が基本となります。

 

ですが安静にし続けると、
筋肉が固まり痛みが取れにくくなります。

 

ですから動かせる筋肉は、
軽く動かすなどして、
筋肉が硬くなるのを防ぐ必要があります。

 

また多少は動かした方が、
治ったあとに違和感が残りにくくなります。

スポンサードリンク

軽いぎっくり腰の治し方は?

軽いぎっくり腰になった場合、
無理に動く必要はありませんが、
多少は動く必要があります。

 

軽いぎっくり腰には、
以下のように対処しましょう。

 

軽いぎっくり腰の治し方は?
  1. 痛みが楽になる姿勢を見つける
     ○出来れば仰向け
     ○足の間に枕などを入れると楽な場合が多い
     ○手を患部に当てていると痛みが和らぐことが多い
  2. 痛みが治まってきたら体を軽く動かす
     ○上半身はなるべく動かさない
     ○激しい痛みが出る動きは避ける
     ○動きの例
       両膝を曲げる
       背中を軽く丸める
       足首を動かす
  3. 更に痛みが治まったら四つん這いになる
     ○痛みが出る場合は避ける
  4. 動けるようになったらお風呂に入る
     ○お湯の温度は38℃~40℃
     ○温めると痛みは強まるけど修復が早くなる

 

痛みが無くなったら、
専門医に腰を見てもらいましょう。

 

痛みが無くなっても、
ぎっくり腰が治ったとは限りません。

 

また再発の要因が、
腰に残っていることもあります。

 

ですから専門医に診てもらうことは、
ぎっくり腰になった場合は必須なのです。

 

日頃からのぎっくり腰対処法

軽いぎっくり腰になったら

軽いぎっくり腰になっただけでも、
まともに動けなくなります。

 

ですから日頃から、
ぎっくり腰にならないように、
対策を練っておきたいものです。

 

ぎっくり腰対策は?

足の筋肉が硬いと、
腰への負担が強くなります。

 

ですから足の筋肉をストレッチなどで、
柔らかくする習慣を付けましょう。

 

とうぜん足だけでなく、
背骨周りの筋肉も柔らかくしましょうね。

 

ストレッチは、
体が温かくなるお風呂上がりなどに行うと、
効果が高いですよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

このページの先頭へ