「酒と睡眠薬を、胃の中で一緒にするのは危ないZE(-_☆)」

 

と、いうような話しを、
よく聞きますよね。

 

これは、
睡眠薬の効果が強く出過ぎてしまい
色々と問題が起こるからです。

 

転倒したり記憶障害を起こしたり、
強すぎる眠気が出たり。

 

また首を吊るなどの異常行動や、
死亡するほどの症状が出ることも、
あるそうです。

 

今回は、
睡眠薬をセットにすると、
危険な理由についてお伝えします。

スポンサードリンク

お酒と睡眠薬のセットは危険

お酒と睡眠薬を短い間隔で飲むと、
胃や血中で混ざってしまいます。

 

すると、
睡眠薬の効果が過剰に出てしまいます。

 

その理由はというと──

 

お酒で睡眠薬の効果が過剰に出る理由
  • 脳の活動が必要以上に抑えられる
     ○お酒も睡眠薬も脳の活動を抑える
       →意識不明になったり転倒したりする
  • 肝臓に薬が残りやすくなる
     ○お酒も睡眠薬も肝臓で分解される
     ○でもアルコールが優先的に分解される
       →睡眠薬が長く残ることになる

 

お酒と睡眠薬で死亡しかねない危険性が!

お酒と睡眠薬の併用は、
死亡しかねない危険性が潜んでいます。

 

死亡する結果に繋がる場合は、
多くはないのですが、
危険であることに変わりはありません。

 

お酒と睡眠薬の危険性
  • 記憶喪失
  • 錯乱
  • 呼吸が抑制される
  • 起床時の転倒
  • 日中の異常な眠気
  • ふらつき
  • めまい
  • 運転中の意識障害
  • 昏睡状態

 

上記の危険性の中に、
死亡しかねない状態があるのが、
分かりますよね。

スポンサードリンク

睡眠薬を飲んだ時、お酒を飲みたいのなら

禁煙パイポというのがあります。

 

また、
電子タバコという物も有ります。

 

いずれも、
タバコを吸わないための道具として、
使われていますよね。

 

睡眠薬を飲んだとき、
どうしてもお酒が飲みたい!

 

このような時は、
禁煙パイポのように、
代替品を口にしましょう。

 

ノンアルコール飲料があるので、
ソレを飲むとよいでしょう。

 

そしてノンアルコール飲料を飲んだら、
アルコールを考えないようにしましょうね。

 

飲みたい、飲みたいって考えていると、
欲求を誤魔化せなくなりますから。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい