顎関節症には多くの改善方法が、
世の中には出回っている。

 

今回のリサーチでは、
そんな顎関節症の改善方法の中から、
割り箸とマウスピースについてまとめた。

 

どちらも手軽にできるのが嬉しい改善方法さ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

顎関節症に割り箸が効く?

顎関節症の改善には、
割り箸が効くっていわれている。

 

実際に割り箸を使って、
顎関節症の症状が大幅に改善できた人もいる。

 

顎関節症に効く割りばしの使い方
  1. 割り箸を二本用意する
  2. 二本の割りばしを、それぞれ左右の奥場まで入れる
    →口を思いっきり開いた状態になる
  3. この状態で割り箸を噛む⇔口を開けるという動作を繰り返す

 

このトレーニングを行うと、
口が開きやすくなっていく。

 

毎日トレーニングを繰り返す必要があるから、
根気強さが必要だけど手軽だから試してみたらどうかな?

 

ただ、強い痛みが生じる時もある。

 

このように痛みを感じる時は、
トレーニングを中止しよう。

 

少しずつ慣れていく感じで進めると、
痛みが少ない。

 

だから焦らない事が大切。

 

顎関節症にはマウスピース?

顎関節症にマウスピースが効く!

 

このように言われていて、shock
実際に改善した人もいる。

 

しかも高確率で、
顎関節症の改善が望める。

 

ただ注意したいのが、
特別なマウスピースである点。

 

顎関節症改善に使うマウスピース

顎関節症改善に使うのは、
スプリントというプラスチック製のマウスピース。

 

スプリントは専用の物を作る。

 

装着するとアゴへの負担が減って、
顎関節症の症状が緩和していく。

 

使用するのは基本的に睡眠中

 

だから歯ぎしりする人には、
特に効果を発揮する。

 

マウスピースを使った顎関節症改善は病院で行われる

このマウスピースを使った治療方法は、
病院に行くと最初に試される治療方法。

 

手術とは違うので、
安心感が高いのも嬉しい。

 

しかもマウスピースを使った治療方法は、
健康保険が適用される。

 

このため費用が8000円前後で行える。

 

スポンサードリンク

顎関節症はストレスで悪化する

顎関節症の改善には、
色々な方法がある。

 

でも改善ばかりを目指しても、
原因が残っている限り、
改善方法の効果が出ることは期待できない。

 

顎関節症で、
特に大きな原因となるのがストレス

 

ストレスと顎関節症には、
深い関係があるので注意したい。

 

顎関節症とストレスの関係

過度なストレスを受けると、
無意識に歯を食いしばったり、
歯ぎしりをしてしまう。

 

この無意識的な行動が原因で、
顎関節症が生じるんだ。

 

ストレス解消が顎関節症改善には大切

顎関節症の改善方法を実践するのなら、
ストレス解消方法も一緒に行いたい。

 

このことは先程書いたストレスと顎関節症の関係で、
分かってもらえていると思う。

 

ストレス解消方法は、
どんな方法を好むかは個人差がある。

 

だから何をすればいいかは明言できない。

 

運動であったり、ゆっくりとした時間を過ごすなど、
人によってストレス解消方法は違う

 

顎関節症改善を考えるのなら、
ストレス解消も考慮しようね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい