食欲がわかない……。

 

その原因は、
ストレスかもしれません。

スポンサードリンク

ストレスで食欲不振になる理由

ストレスが、
肉体に影響を与えることは、
多くの人が知っていますよね。

 

ストレスによって、
不眠、便秘、肌荒れ、血行不良……。

 

こういった症状が出ることは、
特に有名です。

 

その他にも色々な症状がありますが、
特に自律神経への影響は大きくて、
ホルモンバランスが崩れてしまい、
生理不順になる人すらいます。

 

ストレスによる食欲不振もまた、
自律神経への影響が原因です。

 

自律神経の乱れが食欲不振の原因

自律神経には、
交感神経と副交感神経があり、
この2つの神経がバランスよく働くことで、
体の状態を整えています。

 

ですがストレスがかかると、
交感神経が活発になってしまって、
胃酸を過剰に分泌させるなどの、
問題が生じます。

 

そして胃酸が胃にダメージを与えて、
吐き気や食欲不振となります。

 

ストレス以外にもある食欲不振の原因

食欲が出ない原因は、
ストレスだけではありません。

 

肉体的な病気として、
胃潰瘍、胃がん、胃炎があります。

 

ですので、
食欲不振が続くようでしたら、
医師に相談した方が良いかもしれませんね。

スポンサードリンク

ストレスが原因の食欲不振時に食べる物

食欲不振であるのなら、
胃腸への負担が少ない物を食べましょう。

 

胃に優しい食事は?

食欲不振時には、
胃の粘膜が弱っていると、
前提して考えましょう。

 

ですから香辛料や塩などの、
刺激の強い物は避ける必要があります。

 

お粥やうどんを、
熱過ぎない温度で食べると良いでしょう。

 

これらを食べる時、
野菜や卵を加えることで、
ビタミンやタンパク質も一緒に摂れますよ。

 

オヤツとしては、
ヨーグルトやチーズなら、
胃の粘膜を保護してくれるので、
オススメです。

 

ストレスを溜めないために

ストレスは万病の原因。

 

食欲不振以外にも、
色々な問題を生じさせますよね。

 

そんなストレスですが、
溜めないためには、
何をすれば良いのかというと……。

 

まずは睡眠時間に注意しましょう。

 

睡眠時間をしっかりと確保するのはもちろん、
決められた時間に毎日寝起きをして、
夜も決めた時間に眠る。

 

このような感じで、
睡眠時間をしっかり確保するのが、
ストレスをためない最初の一歩です。

 

このような生活をしていれば、
とうぜん休日も同じ時間に起きます。

 

ですから、
休日は軽い運動をするようにしましょう。

 

そして趣味に没頭するなどして、
日頃のストレスを発散するのも大切ですよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい