PMS(月経前症候群)は、
病院に行った場合、どんな治療がされるのだろう?

 

今回のリサーチでは、
PMSの治療方法についてまとめた。

 

月経前症候群を疑ったら我慢せず病院にね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

治療方法について

PMSの治療方法には色々とある。

 

特に一般的な治療方法は薬物療法

 

最近では栄養療法というものも、
普及し始めている。

 

まずは栄養療法からまとめるよ。

 

栄養療法とは?

栄養療法では、
メディカルサプリメントというものを使う。

 medications-342488_640

メディカルサプリメントというのは、
アメリカの分子整合栄養医学で、
一定の基準を満たしたサプリメント。

 

子どもでも栄養療法は受けられる。

 

ちなみに他のサプリメントの使用は、
中止するのが一般的。

 

これは過剰摂取などの原因になったり、
他社製品は石油化学製品であること、
有効成分固有量が少ないなどが理由。

 

薬物療法について

ここでは、
PMSの治療で最も一般的な、
薬物療法についてまとめるよ。

 

治療期間は個人差が大きいけど、
平均すると3ヶ月~6ヶ月

 

この期間は、を飲み続けることになる。

 

薬物療法で使用されることの多い薬

kusuri

症状が軽ければ、
薬を使わないこともある。

 

でも薬を使う必要が出た場合、
どんな薬が使われるだろう?

 

低用量ピル

低用量ピルを使うことで、
症状を全体的に和らげることができる。

 

とくに日常的に、
PMSの症状をコントロールしたい場合に、
使われることが多い。

 

ピルには卵胞ホルモンと、
黄体ホルモンが少しずつ含まれている。

 

この2つの成分の影響で、
女性ホルモンの分泌を減らすんだ。

 

その結果、月経は止まらないけれど、
排卵が試用期間中はなくなるため、
PMSの症状が大幅に和らぐ。

 

低用量ピルの副作用
  • 低用量ピルには複数の種類がある。
    →ピルの種類によって副作用が全く出ない場合がある
  • 激しく出る場合とがある。

 

スポンサードリンク

抗うつ薬

PMSになると、
うつ病のような症状が出る。

 

その症状が日常生活で、
悪い影響を与えるような時は、
抗うつ薬を使用する。

 

抗うつ薬を使うことによって、
セロトニンの分泌を活発にする。

 

その結果、精神的症状を緩和できるんだ。

 

抗うつ薬の副作用
  • 便秘
  • 排尿障害など

 

抗不安薬

ache-19005_640

抗不安薬は、
精神を安定させる働きがある。

 

不安やイライラが強く出ているときに、
使われることが多いよ。

 

安全性が比較的高いと言われているけど、
副作用も存在するんだ。

 

抗不安薬の副作用
  • めまい
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 眠気
  • 息切れなど

 

鎮痛剤

鎮痛剤は名前の通り痛みを鎮める薬。

 

腰痛や、下腹部の痛み、頭痛などが、
激しく出る人に使われる。

 alone-61043_640

ただし痛みが強い時には、
効き目が薄い。

 

このため調子が悪いと感じたら、
早めに服用する必要があるんだ。

 

PMSで使われる鎮痛剤は、
プロスタグランジンという物が一般的。

 

これはホルモンの分泌を抑えて、
子宮収縮を回避する薬。

 

まとめ

今回はPMS(月経前症候群)の、
治療方法についてまとめた。

と、言っても、
まとめたのは薬物療法だけなんだけど……。

 

PMSを我慢してやり過ごす人もいるけど、
苦痛が激しい時は早めに病院に行こうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい