落雷のニュースというのは、
ときどき聞きますよね。

 

雷というのは、
落ちる時にはドコにでも落ちる物です。

 

ですが避難をすることで、
落雷に遭う確率を減らすことは可能です。

スポンサードリンク

落雷事故の防止のために出来ること

落雷事故を防止するために、
私たちにできることはあるのでしょうか?

 

正解はあります。

 

落雷事故に遭いにくい、
安全なところというのがあるので、
そこに避難しましょう。

 

落雷事故に遭いにくい場所
  • 鉄筋コンクリートの建物の中
     ○木造住宅なら、電気製品や天井から1m離れる必要がある
  • 自動車
  • 列車の中

スポンサードリンク

近くに避難場所が無い場合

落雷事故を防止するには、
落雷に遭いにくい場所に移動するのが、
特に重要です。

 

ですが山の中など、
避難できる場所が無い場合もあります。

 

そのような場合は、
自分の背よりも高い物に、
飛来針になってもらうと良いでしょう。

 

鉄塔や電柱、煙突などを見上げて、
首の角度が45度以上になる場所に避難します。

 

また、
避雷針代わりにした物に、
近付きないように注意することも重要です。

 

避雷針代わりの物に近付き過ぎてはいけない理由

側撃雷いう現象があります。

 

側撃雷というのは、
近くの木などに落ちて、
近くの人にまで電流が流れる現象です。

 

木であれば、
幹や枝から4m離れましょう。

 

コンクリート製の電柱であれば、
2mは離れる必要があります。

 

避難場所のない場所での落雷事故防止

首の角度が45度以上になる場所に避難。
側撃雷という現象。

 

先に書いた、
この2点に気を付けるのなら、
避雷針にする物の高さは、
5m~30mは必要となります。

 

ですから、
落雷事故防止のために避難をするのなら、
かなり高い物が必要となるということです。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい