耳栓をして睡眠!目覚ましをかけたけど……聞こえるの?

耳栓は周囲がうるさい時に活躍します。

耳栓

 

日中だけではなく、
になって外で人が奇声を上げている時も、
耳栓は役に立つ事でしょう。

 

ですが、
耳栓をつけて眠った場合、
目覚まし時計の音が聞こえず、
寝過ごしてしまうのでは?

 

と、いう心配もありますよね。

 

この心配なのですが、
ちゃんと対策はありますよ。

スポンサードリンク

耳栓をつけたまま目覚まし時計を役に立てるには?

耳栓をつけたまま眠ったとして、
目覚まし時計を役立てるには、
どうすればよいのでしょうか?

 

その方法を大きく分ければ、
目覚まし時計を変える方法と、
耳栓を変える方法とに、
分けられますよ。

 

目覚まし時計を変える方法

目ざまし

大音量の目覚ましを使うというのは、
誰でも思いつく対処方法ですよね。

 

ですが、
大音量の目覚ましは、
自宅の外への音も心配ですから、
なるべくなら使いたくありません。

 

よって他の目ざまし時計を、
探した方が良いかもしれませんね。

 

振動式の目覚まし時計を使う

最近の目覚まし時計には、
バイブ機能付きの、
いわゆる振動式の物があります。

 

たかが目覚ましの振動と思っていっても、
寝起きに受けるとかなりの刺激になります。

 

光目覚まし時計を使う

睡眠

音ではなく、
で人を起こす目覚まし時計があります。

 

目覚まし時計という名前で、
起床時刻に光を浴びさせる感じで、
目を覚まさせてくれます。

 

特にオススメなのが、
太陽の光と同じ明るさの、
光目覚まし時計です。

 

光目覚まし時計というのは、
昼夜逆転の生活を送っている人が、
夜眠れるようにするためにも使われます。

 

これは、
体内時計のリズムを、
調整できるからです。

スポンサードリンク

耳栓を変える方法

耳栓の一つに、
スマート耳栓「Hush」という物があります。

 

Hushの特徴は、
スマホとワイヤレス連携している点。

 

ですから、
スマホをアラーム設定すれば、
耳栓から音を聞くことも可能です。

 

とうぜん夜眠るときだけでなく、
日中に電車で眠るときなどにも、
使えますよ。

 

ただ2万円と高額なので、
買うのには勇気が必要ですけど。

 

終わりに

耳栓

耳栓を上手に使えば、
睡眠の質がアップします。

 

チョットした音でも、
睡眠は妨げられますからね。

 

そんな耳栓の悩みが、
目ざまし時計で起きにくいっていう部分です。

 

しかし、
今回ご紹介したアイテムを使えば、
目覚まし時計で、
起きられる可能性がアップします。

 

うまくご活用ください☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

このページの先頭へ