野菜で怖いのが、
残留農薬です。

 

日本は世界的に見ても、
農薬の使用量が多く、
世界第2位とも言われています。

 

ですから、
他の国よりも農薬には敏感でいないと、
危ないかもしれませんよね。

 

今回は野菜に付着している、
残留農薬の落とし方について、
リサーチしてみました。

スポンサードリンク

残留農薬の悪影響は落せるの?

残留農薬は、
ある程度なら落とすことが可能です。

 

濃度1%の塩水で洗うだけでも、
80%は除去できるとされており、
意外と手軽に落すことが可能なのです。

 

塩水以外に、
どのような農薬の落とし方が、
存在するのでしょうか?

 

手軽にできる方法を、
3つお伝えします。

 

農薬の落とし方1:塩も身をする

まず、
切った野菜に塩をふって揉み込みます。

 

そして流水で洗うと、
農薬が流水で落ちます。

 

この時に使う塩は、
塩辛くない程度で大丈夫なので、
ご自分の好みで調整してみて下さい。

スポンサードリンク

農薬の落とし方2:流水によくさらす。

溜めた水にではなく、
流水に野菜を晒しましょう。

 

流水だけでも、
多くの農薬が落ちるとされています。

 

だいたい30秒ほど洗えば、
十分ですよ。

 

農薬の落とし方3:酢水に浸ける

まず、
水1:酢1で酢水を作って下さい。

 

次に作った酢水に、
野菜を浸します。

 

リセロなどの葉野菜であれば、
だいたい5分ほど。

 

レンコンなどの固い野菜は、
革を向いたあと、
だいたい15分ほど浸けます。

 

他の野菜の農薬の取り方

野菜に付着した残留農薬は、
色々な方法で取ることが可能です。

 

例えば、
野菜にがあるようなら、
スポンジやタワシでこすったあと、
流水で流します。

 

キャベツや白菜などは、
外側の葉を捨てるだけで、
かなりの農薬を除去できます。

 

また、ゆでこぼしでも、
農薬を野菜から取り除くことが可能です。

 

このように、
野菜の残留農薬の落とし方には、
色々な方法があるのです。

 

終わりに

今回は、
野菜についた残留農薬の落とし方について、
手軽にできる方法をピックアップしました。

 

この3種類の方法は、
当ブログよりも詳しいサイトもあるので、
軽く検索してみると
より詳しく分かると思いますよ。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい