宝くじに当選

 

アレを買って、コレを買って(-_☆)

 

と、気分良くなっている所でふとよぎるのが、
アレ……宝くじの税金ってどうなってんのヽ(;´Д`)ノ

 

さて、
宝くじの税金は法律的には
どうなっているのでしょうか?

スポンサードリンク

宝くじの当選金の税金は?

日本の宝くじの当選金は、
非課税となっています。

 

でも公営ギャンブルの競馬では、
勝つと税金を払う必要が出てきます。

 

なんで、
競馬で勝つと税金を払うのに、
宝くじの当選では、
税金を払わないのでしょうか?

 

宝くじで税金を支払わない理由

宝くじ

宝くじは、
法律的に課税対象ではなく、
非課税所得として定められています。

 

これは、
宝くじは購入した時点で、
色々と納める形になるからです。

 

宝くじのお金の流れ

宝くじの販売業務は、
銀行などに委託されます。

 

そして販売額の総額から、
当選金、印刷などにかかった経費などを除いた、
4割ほどの金額が収益金として納められます。

 

この納められる収益金は、
公共福祉などに活用され、
税収の一種として考えられています。

 

だから宝くじは買った時点で、
税金を納めたような物になるから、
当選たときに税金を払わなくても、
良いとされています。

 

もちろん100万円であろうとも、
1億円であろうとも、
金額に関係なく非課税です。

 

宝くじにかかる税金は?

法律

宝くじが当選しても、
税金を納めなくてもいい。

 

これが原則ですが、
例外があります。

 

その例外というのは贈与税

 

宝くじの当選金を受け取ったあと
当選金を誰かに贈与すると、
贈与税が必要となる。

 

だから宝くじの当選気を受け取ったら、
親に半分ほどプレゼントした場合、
そこには贈与税が必要となってきます。

 

この贈与税がえげつない

宝くじの当選金を受け取ったあと、
誰かに当選金を渡すと、
支払う義務が生じる贈与税。

 

この贈与税ですが、
最高で50%を支払わねばなりません。

 

かなり、
えげつないですよね。

スポンサードリンク

親と当選金を折半しても贈与税を支払わないために

せっかく宝くじに当選したのなら、
贈与税なんて支払いたくありませんよね。

 

実は、
贈与税を支払わなくても良い方法があります。

 

それは、
宝くじを共同購入したことにするのです。

 

共同購入は文字通り、
宝くじを数人で買うという行為

 

宝くじを共同購入したことにすれば、
分配という形で受け取ることが出来ます。

 

宝くじが原因で国ともめないために

宝くじに当選したら、
銀行に行きます。

 

銀行に行ったら、
必ず当選証明書を受け取りましょう。

 

高額な当選金が、
アナタの通帳に入ると、
事情を知らない人が見た場合、
不自然に思うものです。

 

税務署の人も不自然に思うので、
税金を支払えと催促される可能性があります。

 

そんなときに役立つのが、
当選証明書です。

 

逆に当選証明書がなければ、
宝くじの当選金だと証明するのが、
面倒なことになるので絶対に受け取りましょうね。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい