引越し作業では、
荷造りや荷解きの作業が大変。

 

当然だけど荷物が多い人ほど、
多くの時間が必要になる。

 

そんな荷造りと荷解きには、
注意しないといけない点があるんだ。

 

今回は多くの人が知っている、
荷物の基本に関しての記事だよ☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク

荷造りで注意しないといけない点

荷造りで最も注意したいのが、
中身が分かる工夫をすること。

ache-19005_640

荷物を箱に詰めるのが引越しだけど、
荷物を箱から出す際に、
中身が分からないと苦労をする。

 

だから荷物を詰めた段ボールに、
何が入っているのか書いておくなどの、
工夫をする必要がある。

 

付け加えるのなら段ボールの中身は、
以下のように分類しておこう。

 

段ボールの中身 分類について
  • 引越し後にすぐ使う
  • 引越し後にそれなりに使う
  • 引越し後に使う頻度が少ない

 

不用品は売ってしまおう

不用品に関しては、
売ってしまうのも手。

 

引越し先に家具や家電が、
備えつけられている場合もある。

 

そんな場合は、
これまで使っていた物が不用品になる。

 

だから売ってしまうのも手なんだ。

スポンサードリンク

王道的な不用品販売

不用品の販売で、
最も一般的なのは、
リサイクルショップの活用。

 

家具や家電だけでなく、
衣類も引き取ってもらえる。

 

でも、売却が出来ない不用品もあるハズ。

 

そのような売却不可な不用品は、man-93951_640
廃棄物を処理する業者に、
頼むのも手。

 

お金がかかるけど、
処理場に運ぶ事を考えると、
有効な手段とも言えるよ。

 

引越し業者の中には、
不用品の処分を有料で付けている所も多い。

 

だから業者を探している場合は、
引越し業者に尋ねてみると良いかもしれない。

 

荷解きもお忘れなく

荷造りをしたのなら、
荷解きが必要になる。

 

この荷解きは、
荷造りと同様に面倒くさい

 

でも、やらないと新生活を、
始めることはできないよね。

 

荷解きの負担は、
荷造りの時に分類をしっかり行えば、
負担がかなり減るんだ。

 

そして荷解きは、
分類をしっかりと行っていれば、
必要度の高い物から行おう。

 

必要度の低い物から荷解きをすると、
すぐに必要な物を荷解きする前に、
疲れてしまうこともあるからね。

 

時間や体力が足りずに、
荷解きは数日かかることになることも多い。

 

荷解きと荷造りは深く関係している。

 

だから荷造りの段階から、
荷物の分類なんかをしっかりと行おうね☆-( ^-゚)v

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい