目のクマの原因は、
夜更かしが原因の身近な物もあれば、
目のこすり過ぎが原因の事もあります。

 

また、
肝臓などの病気が原因の事も。

 

今回のリサーチでは、
目のクマの原因について
まとめてみました。

スポンサードリンク

目のクマの原因は?

目のクマは多くの場合、
寝不足、疲労、ストレスが原因となります。

 

特にパソコン作業などは、
目の周りへの疲れが、
半端なく溜まるので注意しましょう。

 

クマの出来る位置について

目のクマは、
なぜ目の下にだけできるのでしょうか?

 

その原因は、
目の上や下の部分は、
他の部分よりも皮膚が薄いからです。

 

皮膚が薄いと、
皮膚の下を通っている毛細血管が、
薄くではありますが見えています。

 

毛中竜が悪くなれば、
毛細血管内の血液は、
黒ずんでしまいます。

 

このように血行不良となった場合、
薄い皮膚を通して、
目の下のクマとなって血液の色が出るのです。

スポンサードリンク

メラニン色素が原因の事も

目の下の皮膚に、
メラニン色素が沈着して、
クマができることがあります。

 

この場合は、
クマが茶色っぽくなります。

 

この場合の原因は、
加齢や紫外線です。

 

目のクマの原因が病気の場合もある!

目のクマの原因が、
病気であることがあります。

 

例えば肝臓が悪くなっていると、
目の下にクマができると、
それは毒素が溜まっている場合があります。

 

もしくは栄養の代謝が難しいほど、
肝臓の状況が悪くなると、
血液中に老廃物が溜まりやすくなり、
いっそう目の下にクマができやすくなります。

 

 

肝臓以外に目の下にクマを作る病気

肝臓以外の病気も、
目の下のクマを作ります。

 

高脂血症、動脈硬化、
糖尿病などと言った、
血液や血管に異常を起こす病気が、
その代表例と言えます。

 

タバコの吸い過ぎが目のクマの原因になることも

目の下のクマは、
毛細血管の色であることが、
多くあります。

 

ですから血液に異常を与えるタバコも、
目の下のクマの原因となることがあります。

 

タバコを吸うと、
新鮮な酸素を取り込めなくなったり、
血液に有害物質が混ざったりします。

 

このため血液が鬱滞 (うったい) して、
目の周りにクマを作ることがあります。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい