1月8日の誕生花:シクラメン 花言葉:はにかみ

別名として篝火花(カガリビバナ)という名前を持っているシクラメン。

 

年末年始になり花が少なくなった頃に咲く。

 

冬の鉢花の女王とも呼ばれるだけあって華やかな花を咲かせます。

 

また品種の多い花なので、冬の贈り物としても良いかもしれませんね。

1月9日の誕生花:デージー 花言葉:無意識

雛菊(ヒナギク)という別名の方が日本では有名かもしれません。

 

有名な詩人である、チョーサーやワーズワースの詩にも多く登場するので、彼らの詩が好きな方には馴染みの深い花と言えます。

 

デージーの語源は、太陽の目です。

 

太陽の目という語源の通り、見た目は花芯の黄色部分が太陽っぽい特徴があります。

 

小さな花というイメージですが、中には花径が8cmにも及ぶ大きな種もありますよ

1月10日の誕生花:フクジュソウ 花言葉:永遠の幸せ

漢字にすると福寿草。

 

昔から、名前の通り福を呼ぶ縁起の良い花として扱われてきました。

 

縁起の良さから、新年を祝う時期には鉢植えを飾るご家庭も多くあります。

 

ちなみに地植えではなく鉢植えで飾られるのかというと、地植で飾った場合お正月の時期に花を咲かせるのが難しくなるためです。

 

この福寿草ですが、日本では黄色い花が一般的ですよね。

 

ですがヨーロッパに行けば、赤い福寿草を見かけることがありますよ。

1月11日の誕生花:ロウバイ花言葉:慈悲の心

ロウバイは、江戸時代に日本へとやってきた中国原産の花です。

 

黄色い香りのよい花を咲かせるのが何よりもの特徴。

 

このため、茶花や庭木として古くから愛されてきたという歴史があります。

1月12日の誕生花:黄色のバラ 花言葉:君の全てが可憐

黄色いバラの歴史は浅く、19世紀以降に品種改良されるようになってから知られるようになりました。

 

黄色のバラは嫉妬という花言葉でも有名ですので、誰かに贈る時には注意が必要となります。

 

このため、黄色いバラを贈り物にする時には、メッセージカードを添えるなどして贈る想いが確実に伝わるように工夫をした方が良いですよ。

1月13日の誕生花:ローズマリー 花言葉:あなたは私を蘇らせる

ローズマリーはハーブの一種です。

 

ハーブだけあり、葉に咲く紫や青の小花からはよい香りが漂ってきます。

 

このローズマリーは肉料理に使われることが多いので、お肉が好きな方に鉢植えで贈っても良いかもしれませんね。

1月14日の誕生花:オーニソガラム 花言葉:純粋

オーニソガラムという名前はギリシャ語の、オルニス(鳥)+ガラ(乳)から来ています。

 

由来の通り、乳白色の花を咲かせるのが特徴。

 

春に入ると茎に花房がつき、下から順番に開いていく様子を楽しめます。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい