クレジットカードで、
色々な料金を支払える昨今。

 

実は、
クレジットカードの普及で、
泣いている業種が存在する。

 

例えば、
タクシーの運転手さんや料理店

スポンサードリンク

タクシー運転手がカード支払いで泣く理由

カード決算には、
手数料が必要。

 

この手数料なんだけど、
タクシー会社の多くが、
運転種の負担として扱っている。

 

だからタクシーに乗って、
カードで支払うと、
運転手さんが泣くことになる。

 

料理店がカード支払いで泣く理由

料理店というのは、
料理に使う材料費に、
多くのお金を使っている。

 

だからお客さん一人当たりで稼げるお金は、
他の業種よりも低い傾向にある。

 

そんな料理店でカード支払いをすると、
8%ほどの手数料が少ない利益から引かれるので、
料理店が泣くことになる。

 

クレジットカードの手数料で泣く業種も多い

タクシー運転手や料理店のように、
クレジットカードの手数料に、
泣く業種も多い。

 

だからクレジットカードの使用は、
カード支払いを勧めているお店以外では、
避けるのが相手のためかも。

スポンサードリンク

カード支払い時に利用手数料を取るお店への対処方法は?

クレジットカードで支払いをするとき、
手数料をお客さんに請求する店もある。

 

実はこの行為は、
クレジットカードの加盟店規約違反。

 

クレジットカード会社と、
加盟店との契約には、
ある取り決めがされている。

 

その取り決めというのは、
クレジットカードを利用するお客さんと、
現金を利用するお客さんとの間に、
差を付けてはいけないというもの。

 

もし手数料を支払ってしまったら

もしカード支払いの手数料を、
支払ってしまったら、
クレジットカード会社に連絡を。

 

ペナルティを課す場合もあるし、
手数料が返金されることもある。

 

特にJCBカードは、
この違反には厳しいみたい。

 

手数料を支払わざる得ない場合は、
JCBカードで支払って、
あとで会社に連絡するという人も……。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい