コンビニのレジ横には、
必ずといっても良いほど、
和菓子が置かれています。

 

1軒や2軒であれば、
偶然といえるのですが、
大半のコンビニの横に和菓子があるので、
なんらかの企みを感じますよね。

スポンサードリンク

カウンターFF

中華まん、HOTスナック、
店内で調理した弁当や惣菜、
生ビール、和菓子など。

 

こららは、
コンビニ業界では、
カウンターFFと呼ばれています。

 

このカウンターFFですが、
コンビニ業界では、
とても重要視しています。

 

なぜコンビニ業界では、
レジ横に置く和菓子などを重要視しているのか?
と、いうと──

 

  • 利益率が高い
  • 商品をついでに購入してくれやすい
  • 他社との差別化が容易

 

これらの理由があります。

 

次に、
それぞれの理由について、
少し詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

カウンターFFは利益率が高い

コンビニエンスストアでは、
1つの商品につき、
利益は平均30%ほどです。

 

一方で、
和菓子などのカウンターFFは、
利益率が40%と10%も高くなっております。

 

更に言えば、
最近のコンビニでよく見かける、
挽き立てコーヒー

 

このコーヒーは、
利益率が60%にまで達します。

 

カウンターFFの商品はついでに購入してくれやすい

お客様のコンビニの利用パターンは、
雑誌を立ち読みする→飲み物を見る→弁当などを見る。

 

このような感じで、
ある程度はパターン化されています。

 

そしてお客様の多くは、
コンビニに入る前に、
何を買うのかを決めている場合が大半です。

 

ですがコンビニとしては、
少しでも多く商品を購入して欲しいのは、
言うまでもありません。

 

そこで色々な工夫をしているのですが、
レジ横に商品を置くというのは、
成功率がとても高い事で有名です。

 

店員がレジ打ちをしている待ち時間に、
お客様はレジ横の商品が気になって、
購入したくなるわけです。

 

カウンターFFは他社との差別化が容易

ミニストップなどは、
独自色の強いコンビニですよね。

 

店内調理をしており、
必要な時にはすぐに調理して、
商品を補充できます。

 

その商品を、
カウンター横に商品を置くことで、
他のコンビニとは違うと、
アピールできます。

 

和菓子がカウンターFFの定番となっている理由

コンビニで売られている和菓子の多くは、
パンメーカーが卸している場合が多いようです。

 

このため、
本来であればパンの横あたりに、
和菓子は置かれるハズです。

 

和菓子の主要ターゲットは高齢者であり、
パンのターゲットとは大きくズレがあります。

 

高齢者は、
パン売り場に立ち寄ることは少ないので、
和菓子をパン売り場近くに置いても、
あまり売れることはありません。

 

一方でレジ横に置けば、
高齢者が和菓子を発見して手に取る事が、
十分に考えられます。

 

それにパンの置き場を思い出して頂ければ、
棚が大きいことが分かりますよね。

 

ですが和菓子は、
小ぶりであるためパン置き場には、
合いません。

 

また、パンの近くに置いた場合、
大きな棚に置かれたパンに目が行ってしまい、
小さな和菓子は目立ちませんよね。

 

など、
色々なことを考えた結果、
レジ横に和菓子が落ち着いたようです。

スポンサードリンク






あわせてお読み下さい